「2時間同じ場所に座っていられない」という理由で「映画は観ません」と公言してる僕ですが、別に映画が嫌いなわけではなくむしろ好きなジャンルであれば率先して観たいわけです。そんな中でもバンドのロードムービー的なものは、映像作品として適度に編集されてるのでかなり好きだったりします。

そして2016年、なんとblurの映画が公開されるという!しかも、2015年にリリースされた「The Magic Whip」作成秘話が大きくフィーチャーされており、香港滞在時の様子が大きく取り上げられてるよう。これは早く観たいぜ!

続きを読む



アレックス、休日のお父さんみたいな格好で歌ってるんだけど!

そんなツッコミをしたくなるようなダンディズムが会場を包んだ「贅沢すぎるサイドプロジェクト」The Last Shadow Puppetsの来日公演で新木場スタジオコーストに行ってきました。
 



いやー観たかったんだよね。来日なんかしないだろって思ってて、スペインのプリマベーラサウンドにクレジットされてたから2016年も行こうかと思ってたんだけどレディオなんとかのせいで3日券売り切れるしテロリズムinヨーロッパまじこええ、ってことであきらめてたんです。そしたらこの来日公演ね。

最高にタイトでクールな1時間半でした。サイドプロジェクトレベルじゃないよねもはや。すごく良かった。
 
続きを読む



オーストラリアはパースの田舎から世界の人気者に駆け上がったTame Impalaの来日公演を観にZEPP TOKYOへ行ってきました。

世界を席巻するネオサイケデリアのガチンコセットを初めて日本で披露した彼ら。ケビンくんの「乙女風raise your hands」は健在で、ステージはさながら「歌の上手いフレイミングリップス」とでも言いたくなる完璧なショウで頭くらくらになったよね。



続きを読む



いつの日か受けたテストで「お前のTOEIC予想点数は、100点」と言われたあの日がウソのようだ。2016年3月13日に受験したTOEIC#208の僕のスコアは435点であった。

この点数が取り立ててブログに自慢するような点数でないことはわかっている。しかし、事前予測の400%とか会社の業績だったら売上水増し粉飾決算を疑われるレベルだ。なので自分で自分を褒めたい。


続きを読む



僕はいつだって、君の一番手で居たいのさ。


というわけでさあさあ!気もだいぶ早いでしょうがフジロックもいつの間にか第5弾が発表されて洋楽ファン大歓喜のラインナップとなってきました。アルバムリーフとか泣くだろ。地震起きないでね。

この写真は2016年4月某日、渋谷パルコに岩盤ブース出ていたので仕事サボってふらっと見てきました。もう自撮りで写真とるのきつくなってきたなーおっさん度が増してきて。

続きを読む



はろー!マイネームイズKD!プリーズコールミーさとし!わっとしゅどぅあいこーるゆー?

こんにちは、英会話fluent38歳です。言ってるだけです。というわけで今日はTOEIC#208を受けてきました。TOEICがどうのこうのというより、試験というものを受けること自体が久々だったので新鮮な気分でありました。

たぶん990満点中、200点くらいですかね〜。いいんです。自分の純然たる実力を知りたかったので、間に合わなかった問題に塗り絵をしたりとか、問題先読みとかしないガチンコ対決だったんです。
続きを読む

12526

男の約束を果たすために来日公演をキャンセルし続ける男、アヴィーチーがついに4度目の来日公演をアナウンス。今まで帽子かぶってるアー写しか見たことなかったので知らなかったけどおでこめちゃくちゃM字なんだな、アヴィーチー。Killersもびっくりの3回連続キャンセルしている彼は今回本当に日本にくるのか。期待です。続きを読む



とんでもないものを観てしまった。本編ずっと完璧な歌を聞かせていたJustinのラスト「skiny love」。信じられないほど壮絶なシャウトとエモーショナルに上ずる声に、ちょっと恐怖を感じるほどの圧倒的なお一人様舞台である。

2016年2月29日。全ての日本人待望のbon iver来日公演は美意識に基づく音のアーキテクトと、2時間かけて作り上げたそれらを全力で壊しにかかるサディスティックなステージだった。完全に「ただのハゲじゃねえ…」とおののく僕は手を上げて喜んでいた。いやー、さいっこーのステージだった!


続きを読む


確かにここはアジアだ。でもな、メモリアルな初来日のbon iverチケットが売り切れないとかどういうことなの。みんな不感症なの?2/29、新木場スタジオコーストにてついにbon iverのライブを観ることができるんだぞー!おれは行くぞ!お前らこなくていいのか。
続きを読む

このページのトップヘ