I'm Swayin' in the Air

旅と音楽とフジロックとブラジリアン柔術

Chinese Football来日公演!エモの旅は終わらないよ

中国・武漢市出身のAsian Emo最高峰バンド、Chinese Footballのツアーファイナルを観に下北沢threeに行ってきました。 いやー、すっげーーー良いライブだったな!エモ大好きな人たちが鳴らしてるサウンドってさ、すぐわかるでしょ?あの感じね。ずっと鳴り響…

曲中に笛が鳴ってテンションあがる曲2選

2選かよ!思いつきでブログ書くなよ! と突っ込みたくなりますが、僕は曲の中に「ぴー!」みたいな笛が鳴るとテンションあがることが多くありまして。どんな曲があったかな、と振り返ったけど2曲しか知りませんでした。他にご存知でしたら教えてください。 …

young katoという舐めたバンド名が最高にモダンエレクトロポップス

くああああああ知らなかった!なんだよ最高にモダンエレクトロポップスの音出してるのにyoung katoとかいう舐めたバンド名は! イギリスのチェルトラムとかいう全然聞いたこともないところの出身らしいyoung kato。マーケティングうまくやればFoster the peo…

ゆるめるモ!のライブに行ってきたよ。3時間の圧巻ロックフェス状態で意識飛びかけた

強烈な体験をしてしまった! 満員のリキッドルーム。開演前のSE、blurの「song2」で客席から「うーふー!」コールが起こり、開演すると強烈なコールアンドレスポンス。リフトして情熱的なアクションをする人。モッシュ。そんな3時間ぶっ続けワンマンライブを…

凍てつく富良野から。ちょっと遅れて届いたプレゼント『Cherry Boys』EP

数えて2度ほど、僕は北海道の富良野に行ったことがある。 札幌と違い、観光客なんて数えるほどしかいなかった。ある時、僕は富良野のとあるストリートにただ立っていたんだけど、それだけですごく物悲しい気分になっていた。 別に理由なんかないし、富良野の…

Glastonbury Festival 2017のチケットが発売されちゃうよおおお(日本時間の10月7日午前2時から→ラストチャンスは10月9日午後5時から)

「いつか行きたい」 ウユニ湖もマチュピチュにも興味はないけど、 僕にとっていつか行くべき約束の地とはそう、Glastonbary Festival。もはやロックフェスの神様として世界中から人が押し寄せる、とんでもないお祭りであります。さあ、グラスト2017のチケッ…

ハイスタ16年ぶりの新曲! タワレコ渋谷の店内はまるで2000年の景色だし、2曲目「Another Starting Line」のハーモニーでAIR JAM世代ガチ泣き確定

2016年10月4日。 タワレコ渋谷の店内BGMで、アジカンの「ソルファ」が爆音で流れていた。店内にはくるりのベスト盤が棚に大きく展示されてた。そして僕は、ハイスタンダードのニューシングルを片手に持ってレジに並んでいた。 そう、この日渋谷は2000年代初…

american footballの新譜が17年ぶりに出る…!もう僕たちは何かを手に入れることをあきらめなくていい

信じられない…僕が生きている間に、american footballの新譜を聴けるときがやってくる。2016年10月21日、ついに僕たちはStay homeの続きを体感することができるらしい。このジャケット。ひたすら「家」にこだわる人たちだな。最高だぞ。 American Football@a…

american footballの激アツヴァイナル盤開封の儀

昔も今もこれからも、愛し続けるものがある。 僕にとってのone of themが、american football。アメリカから個人輸入していたヴァイナル盤をついに開封したぞ。あーーーーー最高に豪華だなこれ!!!僕たちエモキッズ(注アラフォー)にとって、思い入れのある…

おひとりさまフジロック'16 day3

松下幸之助は言った。「楽観よし悲観よし。悲観の中にも道があり、楽観の中にも道がある」と。 この写真を見てくれ。ホワイトステージの橋から撮影したものだ。なあ、君はこの悲観にも道があると思うかい?あるわけないだろ。 というわけで20周年のフジロッ…

おひとり様フジロック'16 day2

全然寝られない!やばい! というわけでこんにちは2日目のロンリネスフジロックブログ更新。まったく寝られません!!!冒頭の写真は快晴のピラミッドガーデンね。ヨガやっちゃったよ寝られなくてw 「楽しすぎて寝られない」とかそーゆーのではないです。よ…

おひとりさまフジロック'16 day1

ところで。個人的な話だが、僕は38歳になってしまった。 ビル・ゲイツは、38歳の時初めて億万長者世界一になった。夏目漱石は38歳の時『吾輩は猫である』で文壇にデビューした。 世界の偉人たちは38歳でキャリアの集大成を形成する。一方僕は、38歳になって…

フジロック'16で僕が食べてる「フェスごはん」をまとめるよ

フジロックといえばやはりご飯の充実ぶりがチートレベルで揃ってるところ。 毎年「気に入ったものを延々食べる」という偏食を発揮してましたが今年は一味違うぜおれよ。「いろんなものを食べてみる」「同じものは食べない」をポリシーにしてるので、一挙にま…

おひとり様フジロック'16キャンプインから前夜祭へ

今年もついにやってきましたフジロック。 全国5人くらいのこのブログファンの皆様お待たせしました。今年もたった1人の祭典が始まるよ!オンリーロンリーフジロック!てーてってーれー(ばんぷ) ==== 2016年7月20日木曜日。 聖地苗場に到着してみた。毎年こ…

1年半ぶりに、ブラジリアン柔術のジムに復帰した話

大したことではない、極めて個人的な話なんだけど、1年半前に諸事情で退会していたブラジリアン柔術の道場に復帰した。 ドアを開けるまでは「知らない人ばかりだったらどうしよう…」「何しに帰ってきたの?って言われたらどうしよう…」と不安だった。でも開…

フレッドペリー東京で開催された「ブラー:ニュー・ワールド・タワーズ」特別先行試写会に遊びに行ってきたよ #英国アンバサダー

「The Universal」で映る、ハイドパークでのオッサンの涙をおれは忘れないぞ。 先日blurのスペシャルな映画『ブラー:ニュー・ワールド・タワーズ』15分視聴会についてブログに書きまして。で、神のご加護でしょうかなんとフレッドペリー東京で開催された映画…

「ブラー:ニュー・ワールド・タワーズ」冒頭15分間の特別試写会行ったけど一刻も早く本編観たい

「2時間同じ場所に座っていられない」という理由で「映画は観ません」と公言してる僕ですが、別に映画が嫌いなわけではなくむしろ好きなジャンルであれば率先して観たいわけです。そんな中でもバンドのロードムービー的なものは、映像作品として適度に編集さ…

The Last Shadow Puppetsの来日公演に行ってきたぜ。男のタンクトップダンディズムこそUK魂

アレックス、休日のお父さんみたいな格好で歌ってるんだけど! そんなツッコミをしたくなるようなダンディズムが会場を包んだ「贅沢すぎるサイドプロジェクト」The Last Shadow Puppetsの来日公演で新木場スタジオコーストに行ってきました。 いやー観たかっ…

オトメン・サイケデリア、Tame Impalaの来日公演は未体験の昇天ステージで合法ドラッグ状態

オーストラリアはパースの田舎から世界の人気者に駆け上がったTame Impalaの来日公演を観にZEPP TOKYOへ行ってきました。 世界を席巻するネオサイケデリアのガチンコセットを初めて日本で披露した彼ら。ケビンくんの「乙女風raise your hands」は健在で、ス…

おひとり様フジロック'16番外編!岩盤ブースに来てみたよ

僕はいつだって、君の一番手で居たいのさ。 というわけでさあさあ!気もだいぶ早いでしょうがフジロックもいつの間にか第5弾が発表されて洋楽ファン大歓喜のラインナップとなってきました。アルバムリーフとか泣くだろ。地震起きないでね。 この写真は2016年…

男の中の男AVICII、ついに日本にくるか?「僕らは君を諦めない」ってもう諦めろよ

男の約束を果たすために来日公演をキャンセルし続ける男、アヴィーチーがついに4度目の来日公演をアナウンス。今まで帽子かぶってるアー写しか見たことなかったので知らなかったけどおでこめちゃくちゃM字なんだな、アヴィーチー。Killersもびっくりの3回連…

美意識と破壊とハゲ、bon iverの壮絶な初来日公演を観た

とんでもないものを観てしまった。本編ずっと完璧な歌を聞かせていたJustinのラスト「skiny love」。信じられないほど壮絶なシャウトとエモーショナルに上ずる声に、ちょっと恐怖を感じるほどの圧倒的なお一人様舞台である。 2016年2月29日。全ての日本人待…

bon iverのチケットが売り切れない国、日本

確かにここはアジアだ。でもな、メモリアルな初来日のbon iverチケットが売り切れないとかどういうことなの。みんな不感症なの?2/29、新木場スタジオコーストにてついにbon iverのライブを観ることができるんだぞー!おれは行くぞ!お前らこなくていいのか。

FUJI ROCKが20年目でついに本気を出してきた。Sigur Rosのグリーンステージ登場(だよね?)におれの精神はもうやばい

ほらな?ついにきたよ。おれたちのFUJI ROCKが20年目にしてついに本気出してきた。Sigur Rosをグリーンステージのトリに持ってくるというワールドスタンダードを実現化。集客はレッチリに任せるので、俺たち草食北欧系music愛好家はSigur Rosで天に召されよ…

空想委員会のライブ観にいったんだけど最高過ぎてちょっとヤバい

空想委員会というバンドをご存知だろうか。 10代〜20代前半音楽好きの中でもぶっちぎりで人気のあるバンドだ。僕は30代後半であり、不惑直前で加齢臭を撒き散らしながらただ路頭に迷うだけの人生を歩んでるどうしようもない人間の割には若い子たちに人気のあ…

DADSまでもが活動休止してやがった!『American Radass (This Is Important)』

Web全盛期のこの時代に「検索しても全然ヒットできないバンド名」を冠しちゃう人たちが後を絶たないわけですが、DADSもそんな不幸なバンド名を持ってしまい最高なエモバンドですよね。あ〜このヘロヘロボーカルとピロピロギターの伝統芸能は何度聴いてもたま…

VHS or BETAとかいうクソ舐めたバンド名なんだけど極上メロ+デジタルサウンド感ヤバいよ

信じられないくらいクソダサいバンド名をつけるバンドが後を絶たない。smashing pumkinsなんて最初聞いた時アホかと思ったもん。あとThe Look at Me'sとかいうバンド名つけてるアホな人たちもいるらしい。 そんな系譜にいる「VHS or BETA」というバンド。ア…

荒川ケンタウロスを好きな女性のことが好きだった、という話

==== 僕が荒川ケンタウロスを好きになったのは些細な理由だった。 昔の話だけど、好意を寄せていた女の子がいた。音楽の話をしているとき彼女は「私、最近荒川ケンタウロスが好きなんです」と言った。まだ荒川ケンタウロスがインディーズで活動していた頃だ…

15/16の年末年始に観た映画とか聴いた音楽とかあと色々

あけましておめでとうございます(遅) 年末は12月30日の深夜まで延々と仕事していた反動なのか、31日から1月3日までほとんどスマホ、PCを触らない生活をしてました。それってweb関連で働く人間としてどうなのって気もしますが、どうせ明日からまた死ぬほど触…

ヒマヲイキル、歌を聴く

楽器は練習すればうまくなる。でも「歌声」だけは絶対に天性のものだ。 練習してうまくなることはあっても「人を魅了する歌声」は手に入らない。だからこそ、人はライブに足を運び、ストリートミュージシャンの歌声にふと耳を奪われるのだろう。 師走の夜に…