August 2009

やばいやっちまいました‥。久々のミス。

以前から何度か言ってますが、僕は鼻中隔湾曲症からくる睡眠時無呼吸症候群という病気を患ってます。

具体的に言うと、鼻の骨がぐいっと右に湾曲してるそうです。

たぶん対面してもわからないと思いますが、レントゲンを撮ると猛烈に曲がってるのがわかります。

鈴鹿130Rかと思いました。

結果、右の鼻の穴の中がかなり狭くなってます。



また、喉の奥にある気道が普通の人よりも狭いらしいです。

そのため、見た目にはそんなに太っていないんですが、体重が65kg以上になると「鼻中が狭い+気道が狭い」つーわけで睡眠時に呼吸が苦しくなります。

・イビキがすごい
・寝た気がしない
・起床時に猛烈な疲れを感じる
・昼間眠くなる
・寝ている時に呼吸するために口を開けっぱなしになり、口から細菌などが入って扁桃腺が腫れまくり高熱が出る

などの症状に悩まされます。

特別な処置が必要となってしまう感じですね。



僕はC_PAPという器具を寝る時につける事で対応しています。

鼻と口に毒ガス防止マスクみたいな強烈なインパクトの器具をつけ、そこからポンプが出ており、機械が無呼吸を感知すると空気を送り込むという高機能なヤツです。

これがないと寝られないです、もう。

社員旅行にも持っていき「なんじゃこりゃー!」みたいに驚かれました。



そんな優れ物の機械ですが、夏で暑かったり、酔ってたりするとそのままつけないで寝てしまうことがあります。

昨晩も楽しく酒を飲んてきたからか、つい忘れちゃったら久々にきましたよ、無呼吸。

扁桃腺が腫れはじめてる。

この兆候はヤバイんだよな…。

仕事が忙しい今、穴をあけるわけにはいかないのよ!

ついにiPhoneを3GSを購入してしまった‥!

今は色々と触って慣れようとしてる段階なんだけど、これはちょっとすごいわー。

もはや新しいインフラなんだろうなぁ。

i-modeが本格スタートしたときやパケット放題開始時以上の衝撃なんでしょうね。

僕はマルチタスクとタッチパネルに感動を覚えています。今のところ。

モバイル業界で働く人間としては今すぐにでもこのマーケットに参入したいんだけど、会社はとりあえず様子見みたいです。

こういう新市場が現れた時って会社の性格がでるよね。

もちろん速効でマーケットに参戦して一気にシェアを獲得する方法はかっこよく見えて話題性も抜群だから体力のないベンチャーが成り上がるにはうってつけ。

だけど、失敗するリスクもあるし、他社が成功したモデルケースをトレースしてちょっと良くすることでシェアを次第に拡大して行く方法の方が安全かもね。

どっちが正解とかではなく、成功した人の勝ち。



というエントリーをiPhoneで書いてみました。

ただfc2は珍しくiPhoneへの対応が遅いみたいで、ブログはちょっと書きにくいんだよね。

早く対応アプリだしてくれることを祈ってます!

このページのトップヘ