非常にまずいことになった。

ブラジリアン柔術というものをやっていることはこのブログにしょっちゅう書いているが、なにをとち狂ったのか競技会にエントリーしてしまった自分。深い理由はなくて、最近ブラジリアン柔術が楽しいので「どこまで通用するのか?」を計測してみたくなったのである。

ブラジリアン柔術の競技会というのは帯色、年齢、体重の3要素で参加するカテゴリが決まるんだけど、なにを思ったのか20日間で体重を2.2kg減減らさなければいけないカテゴリにエントリーしてしまったのである。

とはいえ「まあ3週間もあれば余裕だろ」と思ってた。たとえば僕の本棚には




この本が収まってる(あまり読んでない)。たいして読み込む事もなくタイトルだけで「格闘家が3時間で3kg減らせるなら、いくら俺でも3週間あるんだし2.2kgくらい余裕だわ」と気軽に思ってましたね。

エントリーしてから斜め読みしました。「炭水化物をとれ」。えっ…!おにぎり食べていいのか???ああ…たんまり食え。こんなやり取りを心の中でしてしまうくらい驚きの内容が書いてあったので平気で練習前におにぎりばくばく食べてました。

結果的にあと10日となった現在。目標体重まで残り2kg。全然落ちてない!!!ヤバすぎる!!!

わりと激しく練習してるのにあまりにも落ちてないのでそこで初めてしっかりとこの本の内容を読んだ。すると、どうも減量をする前に体脂肪をコントロールする時期が必要だったらしい。2ヶ月くらい。全然間に合わんやんけ!

まあ冷静に考えれば、しっかりと体脂肪を落とした上で、練習前に炭水化物をとり運動のパワーにするのは当然である。体脂肪が減ってないのにおにぎりなんか食ってたらいつまでも減るわけないのである。さあこれは困った。さすがに体重リミット到達できず失格なのは恥ずかしすぎる。というわけでなりふり構わない対策をしてます。

image

とある日の朝食はこれだ。納豆。豚肉肩ロース焼いたもの(塩ほぼ無しコショウのみ)。シーチキン。サラダ。サラダはセブンイレブンの緑黄色カット野菜(186円。これめちゃ便利)である。そう、食事から完全に糖質を抜いたのだ。これはつらい。つらいけど炭水化物は抜かないとどうやっても体重落ちないので強行作戦に出た。

image

今日のランチ。プロテイン入りの牛乳とサラダのみ。いやー、ウチの会社サラダバーあって最高だな!!!!いつでも痩せちゃうよ!!!!



泣きたい。



というわけで大会まであと10日間。もう当日のコンディションとかリバウンドとかどうでもいいので何とか体重リミットまで絶食してでも漕ぎつけます。趣味なのに何にしてんだろおれは。