I'm Swayin' in the Air

旅と音楽とフジロックとブラジリアン柔術

鼻中隔湾曲症の手術してるよ!day4

4日目です。
だいぶ病院にも慣れてきました。
しかし削られた体力は一向に回復せず。
何もやることがないのに、何かやりはじめると体力なくてすぐダウン。
もうどうしようもないです。
====

朝食


画像1
パンがある!
泣きそう!

画像1
レシピです。
ジャムとかあるよー嬉しいよー。

というわけでおいしく頂きました。
ミネストローネも味は薄いけどおいしい。
良い病院だ。

チューブ取れるはずが…


食後いよいよ施術室へ!
鼻のチューブがついに抜ける!
と思ったんですが、担当医師から「ごめんなさい!チューブ抜くの明日でした」。
えええ…。
もう限界だよ…。
「抜いてくれ!」と泣きついたんですがダメでした。
そして失意のままふて寝。

昼食


画像1
気づいたら昼食。
ふて寝してるから気づかなかった。

画像1
レシピ。
回鍋肉なんか普段食べないからばくばく食べちゃいました。
これでチューブが無かったらおいしいんだろうなあ…。

スタバもあるよ


画像1
夕方、コーヒーが飲みたくてスタバへ。
会計の横にあります。
隣の棟なので行くの大変だけど。
ストローでしか飲めないので店員さんにぬるめ頼んだらちゃんと対応してくれて感謝です。

夕方まさかの展開


チューブがとれないので体調悪いまま。
機嫌もかなり悪くなってた所に看護師さんが。
「先生が急遽きてくれてチューブ抜いてくれることになりました」
きったああああああああ!!
ついにきた(´;ω;`)!
泣きついたからか、予定より早くチューブ抜いてくれることに!
嬉しくて「最後のチューブ写真撮らなきゃ!」と思って撮影。
画像1
さらばチューブよ…!

何だこの酸素量は…!


先生がきてチューブを抜いてくれました。
「鼻の呼吸がしやすくなりますよ」とずっと言われてきて、ついにその瞬間がやってきました。

すぽん!とチューブ抜き。
痛みはゼロ。
昔はガーゼ使ってたので超絶痛かったそうですが今はまったく痛く無いですね。

抜けた第一感。
「おい…ウソだろ…普通の人は一回の呼吸でこんなにも大量の酸素が入ってきてるのかァァァ!何を言ってるかわからねーと思うが…」
本当に信じられない量の酸素が入ってくる。
これはやべえ…!
もうこれで寝てるときに苦しまなくてすむ!
旅行いくときCPAP持っていかなくてすむ!
泣きそうなレベルで嬉しくなりました。
いやあすげえやこれ。
みんな悩んでるんだったら絶対手術した方がいいよこれ。

夕食


画像1
チューブが抜けて最初の食事やああああ!

画像1
レシピ。
豚肉の揚げおろしうますぎわろたwwww

画像1
レシピには感想欄があります。
僕は途中から毎回書くようにしました。
慈恵大学病院の食事はおいしいので、きちんと「おいしいです」と作ってくれた人にお伝えした方がいいかなと思い。

50時間ぶりのまともな睡眠へ


鼻チューブが取れて最初の睡眠!
まる二日間以上チューブつけててまともに寝られなかった。
なので50時間ぶりにまともな睡眠。
まだ鼻血はどばどば出る。
ちょっと怖いのでCPAPつけて寝ました。
つけたんですが、結局この日もどうもうまく寝られず3時間睡眠くらい。
結局入院期間通して一番辛かったのは睡眠がうまくとれないことでしたね。