I'm Swayin' in the Air

旅と音楽とフジロックとブラジリアン柔術

【ステヤン】web屋から見たTokyo Rocksのプロモーション

558811_311899388936917_691972508_n
Tokyo Rocks中止!!stay young!!

マイブラ、ブラーといった90年代UKシーンの大物をアサインし、そんなヘッドライナーに100%フィーを先払いし、アンユージョアルなコミュニケーションを毎日取り続けてきた2013年春の都市型大型フェス「Tokyo Rocks」が中止になってしまいました。僕のまわりでは、残念というより「やっぱりね…」感が漂ってます。恐らくチケットの売れ行きが絶望的だったのでしょう。

運営のあまりの香ばしさもあって方々で今回の決定が非難されてますが、冷静に考えると「チケットが売れずにイベント中止」というのは実はよくあることです。結果的には悲しいかなブラーやマイブラを「大物」と感じるのは僕ら30代以上のおっさんおばさんしかいないという証左となってしまった。ああ本当に悲しい…。そして、フェスのプロモーションというのはいかに爺さん婆さんをメンツで刺激しつつ、またその他の要素で若者をも取り込んでいくことが肝要というのを思い知らされたわけですまあ僕はズブの素人ですが。 ====

ところでプロモーションは正しかったのか?


不思議に思ってたのが、僕はTokyo Rocksの記事や広告をほとんど目にしなかったことでした。目に入ってくるのはFacebookのサイドカラムADだけ。しかもマイブラの使い古された写真のみ。知らない人はフェスの広告である、ということが伝わらなかったのではないか。たぶんまともなサイト作らずにFacebookで宣伝してて、ランディングページ作るのめんどくさくてFacebookADにしてたんでしょうね。Googleアドワーズにも出ていなかったんじゃないかな。そして結構前のバウンスか何か出たのを最後に、僕が雑誌その他のメディアでTokyo Rocksの文字を見ることはなかった。見落としてるだけかもしれないけど。

とにかく、僕の印象は「webでしかプロモーションしてなくね?しかもweb系広告としてはまだメジャーとは言えないFacebookADだけで」という感じでした。そりゃチケット売れませんわ。確かに洋楽系のフェスに行く人は色々Webを使って検索とかしてると思うけど、それはフジロックやサマソニのようにもはやスタンダードとなったフェスの細かい情報を知るために検索するのでしょう。ゼロベースのフェスをwebで多くの人に知られるほど日本のITリテラシーは高くありません(海外がどうなのかは知りませんすいません)。

Tokyo Rocksの事務局とやらは「webプロモ+ブラー・マイブラの集客力で5万人いける!」と思ったのでしょうか。ちょっと見通しが甘かったかもしれませんね。大型興行は今でもテレビや雑誌の力が強いのでしょう。そんなにみんな年がら年中Facebook触ってねーってw

もし僕がTokyo RocksのWeb担当だったら?


絶対に引き受けないですが(笑)、もし僕がこのフェスのwebプロモ担当者だったらどうするか考えてみました。やはりGoogleアドワーズ全力出稿します。まずはワードの選定。各バンド名で、Googleアドワーズのキーワードチェックツール使って調べてみました。

blur

407589e136e7cb30f97eef12720f9222

なぜか「oasis」で異常なローカル検索されてますwやっぱりoasisの方が日本では人気あるんですね~。せっかくblurがくるので、90年代の「blur×oasis抗争」はキーワードに入れましょう。

マイブラ

06ec1afe375707edd5d1b31346eb7e6e

検索ボリュームはblurの半分ね。うん知ってた。だって神格化されてるけど来日公演は新木場スタジオコーストだもん。個人的には最強レベルのバンドだけど世間的にはこんなものなんですね。

ラッド

5161d014d148790dd0c017180604804b
illionとかいう方がメインアクトにいたのですがまったく検索されていないので、radwimpsにしようと思いました。が、スペルが難しいのかこちらもボリューム低かったです。なのでJKやJCがよく略している「ラッド」にしてみました。うん、普通のボリュームですね。

あと「フジロック」とかその辺の競合調べたんですがキャプチャはるのめんどいのですいません。それから「夏フェス」はクリック単価250円超と舐めてるので捨てます。以上を踏まえ、Googleアドワーズに以下の文言で入札してみようかと思います!

oasis(75円)
blur(47円)
マイブラ(40円)
ラッド(32円)
フジロック(58円)
サマソニ(146円)
※(○○円)はおよそのクリック単価
※全ワードの合計の平均単価は66円


競合のワード入れるのはスタンダードな手法なので仕方ないですが高いですね~。サマソニのほうが高いんですねやっぱり。だってメンツが(良い意味で)ミーハーですもんね。

広告予算はいくらかかるのか?


いわゆる獲得までつながる「コンバージョン」の平均値というのはあまりデータがないのでなんとも言えないのですが、ぐぐってみたらこんな記事が出てきました。

Google検索のコンバージョン率平均は5.63%、2012Q3米国のAdWords業界別のデータ
http://bylines.news.yahoo.co.jp/ibukurohiromi/20121101-00022258/


海外はこういうデータがたくさんOpen & shareされてていいですね。とにかくGoogle検索広告のコンバージョンは5.63%という前提で計算してみましょう。クリック単価も出ていますので、あとは少なくともキャパシティの50,000人にチケット購入させる(コンバージョンさせる)には…

X=(50,000/5.63%)*66円



で算出できます。計算するとお値段・・

58,910,597円


うーん…スポンサー見てる限りこれくらいなら出せそうじゃん…ステヤンお金持ちっぽいし。もちろんチケット購入させるまで考えると実際はもっと敷居高くなると思うので実際はこの2~3倍かかってもおかしくないでしょう。しかし冷静に考えるとチケットが売れれば実入りが入ってきます。

チケット2日券21,000円*50,000枚=1,050,000,000円


チケットソールドアウトさせてしまえば10億円の売上になるわけで、ギャラ総額を5億円くらいにして、Webプロモだけで2億くらいぶっこめばどうにか…なるわけないですかねやっぱりwww

結論:Webだけだとやっぱり難しそう


やっぱりプロモーションとしてWebだけでこういった大型興行を成り立たせるのは難しそう。いや、上記のように電卓叩けば概算は出せるのですが、まだフェスに参加するような人がネットですべての購買を完結させるような行動様式になってないだろうなあ…というのが電卓弾いた上での印象。やっぱりロキノン様やクロスビートにお金払ってイベントの宣伝してもらったりテレビタレント使ったりっていうのは大事なんですよ。今だったら栗原類くん使いまくった方が効果高そうですもんね。

※だいぶざっくり適当な考察なのでネタだと思っておいてくださいね!

ところでフェスのプロモってすごいよね


僕は普段からフジやサマソニのメンツ発表にいつも一喜一憂しています。よく考えると最近のフェス系プロモーションってよく計算されてるなーと感心します。

2ちゃん洋楽板のリーク情報から始まる

FacebookやTwitterの公式アカウントによる「まもなく発表あるよ」

フォロワーさんと「○○くるといいね~」と慣れ合う

0時発表の時とかもう全裸待機

発表の瞬間とりあえずTwitterに「○○フジロックきたああああ!」と書き込む

知らないバンドを片っ端からYouTubeで聴く

みんなブログに見どころ書く

ロキノンやクロスビートに特集が掲載される

地上波深夜によくフェス特集テレビやってる

ファッション雑誌も「フェスウェア」みたいな特集やる

チケット買えばとりあえずテンション爆上がり

現地いけば「この感動はフジテレビNEXTで!」みたいなCSのCMがある


毎年テンプレのように同じサイクル。僕最近は2ちゃんのリークすらプロモーションとしてやってるんじゃないかって思ってます。だっておかしいだろ毎年ズバリなお漏らし出てくるってww最近はスマもクリマンもソーシャルメディアの使い方がうまくなりました。もうフェス好きの人間を煽る煽る。

そして、雑誌やテレビの効果はすごいよね。「今年メンツいまいちだし〜」と思って行かないつもりでも、テレビで実際のグリーンステージの映像観ちゃうと行きたくなるもん。あと、意外と僕に訴えかけてくるのがコンビニのフラッグなど。あれ見ると「うおー!フェスの季節や!」とテンションが上がります。僕は。

このように、すべてのプロモーションにお金をかけてるわけです。なのにステヤンは残念ながらその辺を軽視して、メンツだけで満足しちゃった。老舗がそこまで頑張ってることをしっかり見習えば開催できたかもしれませんね。残念です。

というわけで5/11〜12は予定がなくなってしまってしまいどうしましょうかね!オズフェスかな!ただシガロス〜MIKAと楽しみなライブな続くのでおとなしく家で寝てた方が良い気もします。つーかもし開催されてれば、三日連続でブラー、マイブラ、シガロスと続いたのか…すごいな。ま、そんな夢のような話はないってことですね!stay young!!

▼2014.1.11追記
ステヤンが熱い文章をすごいタイミングで投下してきたのでそれについてブログ書いてみました!
Stay Young!! 僕らのステやんがすごい燃料投下してきたので袖を濡らしながら熟読してみた