画像1

Frilという女子向けフリマアプリを作成しているFablic.incさん。アプリリリースだか会社発足だか何か忘れましたがまあとにかく何かの一周年ということで記念パーティをやるからこい!というのでお邪魔してきました。

画像1

エレベーターで登るといきなり上品なピンクと木目で彩られたくそおしゃれなオフィスが。毎日緑色なので新鮮でした。


画像1

画像1

画像1

ケーキがfrilカラーで洒落乙感すごい。

画像1

役員陣のおっさん達はどうでもいいんだけど、さすが女子向けサービスとしてぶっちぎりで成功してる会社。スタッフの7割が女性。しかも綺麗な女子大生とかインターンの子ばっかりで役員全員正座させようと思いました。

画像1

画像1

お料理たくさん!全部スタッフの女の子達が手作りしてくれたものだと思い込んで頂きました。

「意識だけは高いけど全然うだつの上がらないITおじさんがたくさん集まるだろうからせめて私達の手作り料理で元気つけてあげなきゃ!」って思いながら作ってくれたのかな…とか思ってたら目から汗出てきた。美味しかったです。


画像1

社長の挨拶。成り立ちから最近の様子までをスライドで紹介。

画像1

どっかのガレージ系バンドのジャケ写みたいですが立ち上げた4人。

画像1

「最初は机も無かった」とかバーグハンバーグバーグのパクリみたいなことに。

画像1

家を借りて4人で住み込みで1年間作り続けた、と。

画像1

アプリが出来てリリースするとすぐにブレイク。あっという間にスタッフ増員したとのこと。

画像1

すぐに人数増えちゃってシャレ乙極まりないオフィスに移転。かっこええわー。

画像1

オフィスは羽が生えるドリンク飲み放題だそうです!転職したいです!

画像1

朝日新聞に取り上げられてる。


画像1

競合の状況や自社の流通量、流通金額の説明など。すげえよほんとに。

歓談


画像1

たけじゅんイケメン撮影会。

その後新婚のたけじゅん、奥様にご挨拶させて頂きました。「売れない芸人の奥さんみたいな感じでした?」と聞くと「それはまあ(笑)でも本人がどうしてもやりたい!と言うので」と超絶かっこいい発言聞いて鼻毛抜けるかと思ったわたけじゅん一生この奥さん大事にしなさいよ、と強く思いましたおれなんかに言われなくてもするだろうけど。

なぜお前が呼ばれたの?


立ち上げメンバーの竹渓くんとはlivedoor時代の同僚でした。在籍が被ってた期間は僅かだし、プロジェクトも一緒になったことは無かったんですがFrilの話は聴いてまして。

んで、僕が今まで10代女子向けメディアをやり続けてたこともあり、自分が知ってることを伝えさせてもらったりしてました。あと某先行者フリマサービス使ってる女子と連絡とってインタビューセッティングさせてもらったりという感じだったんですね。

まあ僕は当たり前のごとく何も関わってはいないんですが話だけは聞いてたので、今のFrilの爆発的なヒットは本当嬉しいしすげーと思います。

俺はこう思った


うわこの見出し恥ずかしい…!よくこんなことできるな…!

脱線失礼。とにかくですね、webの世界では雨後の筍状態で色んなベンチャー野郎が会社を作っては潰してみたいな状態ですが、fablicさんは基本的にwebおじさん達がいつも気にしてるソーシャル云々!とかはてブ数!なんか全く気にしてなさそう。ユーザーをすごく見てる。だからこそ成功してるんでしょうね。毎日Facebook見て仕事した気になってるweb屋はやっぱりダメだわ。ユーザーと触れ合わないと。

あと競合たくさん出てきてるけど、話だけ聴くとFrilは相当先行してて他が追いつくのは正直難しいんじゃねーかなーと思いました。まだまだ続くCtoC市場面白いことになりそうですね!今後が楽しみです。頑張ってください。








    このエントリーをはてなブックマークに追加