I'm Swayin' in the Air

旅と音楽とフジロックとブラジリアン柔術

ジャックポット渋谷店で旬の牡蠣をたらふく食べた

画像1

渋谷で牡蠣といえば幾つかお店あると思いますが、パルコ8Fにある「ジャックポット渋谷店」にふらっといってきました。牡蠣祭開始なんじゃ〜〜!と盛り上がりましたね。

==== 画像1

金曜夜の渋谷は人でごった返してますが意外と余裕ありだった。

画像1

シャレオツ看板。

画像1

産地別オススメのボード。

画像1

見よこの牡蠣群。当然だがここからなくなったらそこで売り切れですよ試合終了だよ状態なので早めにいくのが吉。まちがっても二次会とかで使うな。

画像1

あまり深いこと考えず本日の牡蠣三種頼むのがスタンダード。

画像1

ひとしきり注文するとすぐに「お通しでーす」といって出てくる蒸し牡蠣の盛り合わせ。お通しでチンケなポテサラみたいなのなんか出てきません。牡蠣一本勝負なのであります。

画像1

お通しとは思えぬクオリティ。

画像1

そしていよいよ牡蠣ゴングが鳴り響く熱い熱い牡蠣の夜がはじまる!

画像1

美味しい牡蠣は何もつけずに食べるべきだね。もしくは塩でいただくのが良いですね。

画像1

三種盛りラストを飾る的矢でとれた牡蠣。実に濃い!

画像1

続いて焼き牡蠣。すだち・醤油で焼いた牡蠣とウニ焼き。ウニと牡蠣のコラボとかヤバ杉内。イデホスタンリッジウルフサファテ総獲りくらいのヤバさ。

画像1

箸休めにカニの唐揚げ。小さめのカニを丸揚げたこの逸品は見た目軽くグロいが味は濃い。

画像1

牡蠣のワイン蒸し。

画像1

カキロックフェス、グリーンステージオオトリの時間がやってきた。普通の牡蠣の3倍の長さ。それはまるで2001年フジのニールヤングのステージを思い出す。合計2時間半。長過ぎなのである。しかし最高にうまいのである。

味すごく濃いので何もつけずに食べるのが良いよ。

画像1

そして先ほどのワイン蒸しの汁を使ったリゾットがヤバすぎるレベルの旨さ。カキロックフェスは深夜レッドマーキー状態になってきた。

画像1

そして締めはパスタ。炭水化物も取りたいのである。こちらも牡蠣の味がしみており文句のつけどころがない。


とまあこんな感じでした。お酒飲まなかったらたぶんお一人様5000円くらいで済むんじゃないかな!おいしゅうございました。

食べログ:http://tabelog.com/tokyo/A1303/A130301/13143577/