I'm Swayin' in the Air

旅と音楽とフジロックとブラジリアン柔術

若者がFacebookからどんどん消えている理由は

おっさん連中が顔出しアイコンでポエム書きまくって、それに対しておっさんが顔出しアイコンでイイねしまくって慣れあってるから。

これ以外無いだろ。で、もうそれは今まで隆盛して朽ちていったあらゆるサービスで見てきた光景ですから別に不思議でも無いしそれでいいんじゃないかな、と思う(適当)。 ====

ところで若者向けサービスってなんだろね


僕はweb業界入ってからしばらく10代女性向けサービス担当してきました。そういえば担当したサービスの大半はもうクローズしてしまいましたね…。

▼自分が担当した主な若者向けサービス
フォレストページ
フォレストブログ(close済)
デコミィ(close済)

携帯小説…ガラケー…docomoはリファラとれない…デコメ…font color="red"…うっ…頭痛が

どうでもいいんですが、過去に超絶勢いのあった携帯小説サービスやガラケー向けホームページ、リアル、ギャル向けブログなど軒並み虫の息状態みたいです。

デザインを若い女性向けにしておっさんを排除するというのがこういうサービスの定石だったのですが「スマホ画面による若者向けWebブラウザのデザイン」が確立する前にスマホアプリが一気にシェアをとってしまって彼女たちはもう前のサービスに戻る理由が無くなってしまったというだけですねー。

おっさんと同じコミュニティに存在していることが我慢ならない


Facebookはおっさん向けデザインだったにも関わらず、日本ではmixiの代替として一時的に若者が増えたのでしょう(検証してないから間違ってるかもしれないけど)。もちろんFacebookはゾーニングしようと思えばいくらでもできるわけです。

でもよく考えたら、若者にとっていくら知り合いとはいえ、自分の父親と同じかそれ以上のおっさんから「申請しました!よろしくね!」とかいうキモいメッセージと共にフレンド申請きたり、そのおっさんが出会い系サイトにイイねしてたり感動botや政治的なpostを「共感しましたシェアさせていただきます」とか言ってるのがフィードに出てきたり、どうでもいいポエムを投してたり、あからさまに業者作成美人アカウントとフレンドになりました的な情報が見えたらそりゃ若い子にとったらそんなサービス嫌ですわ。

いちいち非表示にすればいいんだろうけどあまりにもおっさんが増えて非表示にする回数が爆発的に増えるという無駄なアクション起こすくらいならさっさと退会するのは不思議じゃないよね。

若い子はすぐにアカウント消すからね。思い出とか必要無いからね。おっさんと若い人はWebで共存することは今のところ不可能だと思う次第です。



以上連休入ったのに残務たっぷりで泣きながら仕事してたので完全に思いつきの走り書きエントリーでした良いお年を!