I'm Swayin' in the Air

旅と音楽とフジロックとブラジリアン柔術

フジロックが律儀すぎてびっくりした話

 

フジロック。オレンジコートが消滅しようがメンツがしょぼかろうが、やはり世界に誇る素晴らしいフェスだ。
 
身の程知らずで、バンド結成1年も経たないうちにフジロックのルーキーステージオーディションに応募してました。
 
おそらく数千というバンドが応募してくるだろうから難しいのはわかってましたが、まさか落選結果をハガキで送ってきてくれるとは思わなかった。
 
普通のオーディションなんて大半が「選考者のみに連絡」。もしくはよくてメール連絡。
 
 
フジロックは宛名が手書きwどんだけアナログ!さいこう!
 
応募してくれたバンドに対して律儀に返してくれるあたり本当に「バンドマン」思いのフェスだなーと実感です。
 
バンドマンを大切にすることでバンドはより良いパフォーマンスをできるようになるだろうし、その結果オーディエンスの満足度もどんどん上がっていく。
 
そのスパイラルこそがパイオニアとしてのフジロックの真の姿なのかもしれない。
 
さ、チケット買おうかな(選考された時のことを考えてまだ買ってなかったw)
 
また来年も挑戦します!