I'm Swayin' in the Air

旅と音楽とフジロックとブラジリアン柔術

いまだに渋谷系で消耗してるオッサンたちよ。吉田ヨウヘイGroupと真剣に向き合う方が有益だぞ。ライブ見てきました

 

昔音楽好きでした系おじさんたち、いつまで90年代の渋谷系聞いて髪の毛とともに精神を消耗してるんですかもう2015年ですよ!LINE musicでピチカートとかSNSにシェアしてドヤってる時間あったらライブハウスいけよ!って毎日思ってます、はい。
 
ってことでもはや「渋谷系チルドレン」「ネオ渋谷系」の枠にまったくおさまらない、2015年Jインディにおいてエクスクルーシブな存在になりつつある吉田ヨウヘイGROUPの3rdアルバムレコ発に行ってきました。
 
 
 
音聞いてる限りメンバーそれぞれ好み違い過ぎるだろうにそれが奇跡的にpopミュージックとして高次元の完成度を誇っちゃう吉田ヨウヘイGROUPの懐の深さすごい。
 
 
あと「リズム感まったくないから動きが変なんです!」(本人談)とか言ってて本当に変な動きしてるりだむちゃんもかわいい。
 
まあそんなことはともかく。
 
天才POP集団は独自の世界を突き進んでる。
 
前知識なく一緒に観に行ったアメリカ出身のマークは「スフィアン・スティーブンスと同じ次元の天才だ」と評していた。
 
そんな評価されるバンドは日本にいままでいなかった。
 
 
たとえばこの曲ね。
 
メインフレーズのギター、歌いながら指で弾いてるのすごいし、しかもほぼストラト生音に近いから(たぶん)、音は音源と同じように聞こえるけどとてもスリリングだ。
 
ストラト使いで、エフェクターかまさず生音に近い形でループフレーズを披露することがどれほど度胸がいるか、ギタリストならわかるだろう。
 
そう、吉田ヨウヘイGROUPの魅力の一つは「生音に近いストラクチャー」といえる。
 

 
ネオ渋谷系としての評価を決定づけた「ブールヴァード」。ひときわ歓声があがるこの曲も、管楽器隊の生音感と感傷的な歌のマッチングがライブでの美しさを際立たせてる。
 
まあ個人的にこの曲の最大の魅力って実はギターの単音リフだと思ってるけどね。
 
こんなフレーズをこういう曲にぶつけてくるのは天才としかいいようがないよなあ……おれ今でも若いときでもこういうリフを曲にぶつけよう、って思えないもん。
 
 
秋には単独でのツアーがあるというMC。
 
おじさん行ける限り行くぞ〜。
 
おっさんどもも、SNSで昔の音楽知ってるか〜みたいにドヤっても女子に陰でキモがられてるんだからスマホ捨ててこういうバンドを観にライブハウスきた方がいいと思います!
 
吉田ヨウヘイgroup
2015-06-03