I'm Swayin' in the Air

旅と音楽とフジロックとブラジリアン柔術

オトメン・サイケデリア、Tame Impalaの来日公演は未体験の昇天ステージで合法ドラッグ状態

 
オーストラリアはパースの田舎から世界の人気者に駆け上がったTame Impalaの来日公演を観にZEPP TOKYOへ行ってきました。
 
世界を席巻するネオサイケデリアのガチンコセットを初めて日本で披露した彼ら。ケビンくんの「乙女風raise your hands」は健在で、ステージはさながら「歌の上手いフレイミングリップス」とでも言いたくなる完璧なショウで頭くらくらになったよね。
 
 
 
 
 
平日の開催ですがお客さんたくさんいたように見えましたね。良いぞ〜サイケ人気爆発しろ〜〜。なんならブライアンジョーンズタウン・マサカーも来日してくれよ〜ステイヤング!!
 
 
 
お腹すいたのでヴィーナス○ォート内にある回転寿司屋さんで食べたんだけど寿司も美味しくないし富山ブラックラーメン的なの頼んだけどこれも全然美味しくなかった。今後ZEPPのライブのとき、いくらお腹すいてもここには絶対に行かないぞ。
 
 
 
「絶妙に眠気を誘いそうなラインナップ!」と評判の今年のホステスクラブオールナイター。深夜4時にダイナソーJRのマーシャル8台耳直撃爆音攻撃食らったら死人出るんじゃないですかね…。あーゆー爆音って眠気誘うからほんと不思議。エベレストで遭難してなぜか暑さ感じて脱ぎまくる症状に近いんですかね。よく知りませんけど。
 
 
 
 
『Let It Happen』で開演したんだけどさ、しょっぱなから合法ドラッグレベルのサイケデリアに鼻血でるかと思った。まずステージ背景に張り巡らされてるビジュアルエフェクトね。シャボン玉かな。90分間ずっとモダンサイケな映像流れっぱなし。瞑想寸前。
 
この曲さ、いつも聴いてて6分10秒あたりのギターリフくっそかっこええわー!って思ってたんだけどみんなやっぱり好きなんだねwめっちゃ盛り上がっててみんな大好き。
 
 
 
 
 
『Eventually』みたいな優しいメロディなのに暴力的なファズびんびんのギターリフ挟んでくるのも最高だよね。相変わらずアホみたいなサイケデリックビジュアル連発してるし、優しいお味のお料理の中に塩分濃度マックスのギターぶちこんできてまったくだらけることなく観客上げまくってくるから油断できない。
 
 
 
中盤の『The Less I Know The Better』が個人的にはほんと良かった。ベースのフレーズがぶりんぶりん言わせてて印象的なんだけど、ベースのやつ着てるシャツが真っ白でグンゼ感すごい。キラーズのドラムもそうだけどスポンサー契約でもしてるのかな。
 
ケビンくんの歌もうますぎるんだよなあ…。あの喉どうなってんだよ。ファルセットの効かせ方はもはやお台場に鳴り響くヨーデル。ヨロレイヒである。
 
 
 
 
 
きっちり1時間半の脳汁噴出ステージを堪能させていただきました。ちょっと最高過ぎたなこれ。
 
MCで「サマソニ、フジ出たけど、単独公演は初めてなんやで〜」と嬉しそうに語ってたケビン。「まじですぐ戻ってくるから」って言ってたけどまさかフジにきたりしないですかね!
 
まあそんなことはどうでもいいけど、世界を魅了するサイケデリアワールドは本当に脳に良い影響を及ぼします。行けなかった方は残念でした!明日大阪行く人は楽しんで!
 
 
Tame Impala
2015-07-17