QUEENやMIKA、エルトン・ジョンといったファルセットボイスやエレガントなポップサウンドの影響を色濃く見せる、ある意味で「日本人らしからぬ」ポップセンスを持ったビッケブランカの「slave of love」ツアーファイナル(かな?)を観に渋谷WWWまで行ってきました。



あっという間にソールドアウトしたそうです!大人気や。

いやー、こんな多幸感煽りまくることができる日本人アーティストのライブ観たのは初めてだな。全方位的に幸せを感じることができるライブってほんと大好き。



やっぱり秀逸なのが名盤「slave of love」のタイトルトラックのこの曲。終盤ラス前に観客煽りまくる景色を目の当たりににして「こんな風に音楽に愛されてる演者って最高にHAPPYだろうな」って思ったよね。ハッピーな人見てるとこっちも楽しくなってくるし。



「ファビュラス」のテンションもやばかったな〜。




前半に演奏された「追うBOY」も史上かつてないレベルでときめきダンシン感ありましたね!


ビッケブランカ
2016-10-26


このアルバムは本当に名曲揃いで王道ポップス好きな人は全員聞いたほうが良いと思うんです。

そういえば先日お仕事でレーベルの担当さんと商談してたんですよ。あらかたお話終わった後「実は別のアーティストも担当してまして…」って出てきたのがビッケブランカのこのCD。びっくりしたよね。担当さんが話し始める前に

「ビッケブランカじゃないですか!大好きです!」

って言い放ったからね、僕。そんな感じで大好きになってしまったビッケブランカのライブを初めて観ることができてほんと幸先の良い2017年であります。

春先も何か動きがあるっぽいビッケブランカの今後を僕も追っかけますます。そして明日は自分たちのバンドのライブ!がんばるます!!!

    このエントリーをはてなブックマークに追加