父、母へ。

お元気でしょうか?僕は元気です。あなた達から時々くる無邪気なメールが僕にとっては一服の清涼剤のようで嬉しくなります。いつまでも元気でいて欲しいです。



今日は僕からちょっとしたメッセージを書きたくなってペンを取りました。少し長くなってしまいますが許してください。



先日あなた達が暮らす家に1日帰省しましたよね。幸い僕の家から1時間で着くので帰りやすくて助かります。帰省するときいつも美味しいご飯を作ってくれてありがとう。

でもね、ご飯を食べた後、テーブルの上のとあるモノの存在に気づいてしまったんです。ねえ…お父様、お母様…正気なのですか…
















お父様。これはなんですか?

あれほど「お年寄りがスマホにするならAndroidはやめて、絶対にiPhoneにしてね」と僕は言っていませんでしたか?忘れてしまいましたか?

しかも二台。

あれほどガラケーのメールを愛していた母の携帯を勝手に機種変したのですか?いったいあなた達は何十年寄り添ってるのですか?

母から「機種変したんだけど電話の音が聞こえないの!音小さくて!メールをどうすればいいのかわからないの!」というパニックのような連絡を受けた僕の気持ちがわかりますか?通話の音が聞こえない理由は音量の問題ではなく、購入時のコーティングシートが受話口まで覆われていたからですよ。そういうことなんですよ。スマホを扱うというのは。



arrows型番CE0682という端末をググりました。


リリース:2015年9月


お父様。1年半前のAndroidを2017年2月に2年縛りで買ったのですか?あなたは公務員として立派に定年まで働き遂げました。優しい公僕として働いていたあなたをとても尊敬しています。でも、こんなゴミを買い取る優しさはいらないと思います。

「いや、J C◯Mの営業マンがこれ安いって言うからさ!」

「携帯は1年目月額1980円(1台)、2年目は2980円でいいらしいんだよ!テレビ・固定電話・ネットがセットで月額7400円。月額16000円の支払いでよくなったよ!」

お父様。あなたの言ってることをどう足し算しても7400円+1980円×2台分で11940円にしかならないです。なぜ16000円も払ってるのですか?


「いやほら、壊れた時の保証で350円とかあるんだよ!」


お父様、足し算は苦手ですか?いったいどういう契約形態になってるのかわからないので僕は「契約書見せて」と言いました。


「なんか契約書無いんだよな、コピーもらえるはずだったんだけど、なんかコピーできないとかでもらわなかった気がするなあ…」


僕は驚きました。自宅に契約書が存在していない(父が無くしていなければ)。存在が確認できなかったので、どんなオプションがつけられているのか、どんなプランなのかがまったくわからないのです。

最悪の手段として僕はクーリングオフも考えました。JC◯Mは訪問販売スタイルだろうから適用されると考えたのです。お父様、いつ契約ですか?


「2月5日契約だからもう間に合わないねー!」


明るく言ってんじゃないよ。


お父様。あなたの息子は、実はスマホアプリ界隈ではそれなりに有名な会社で働いてるんです。たぶんJC◯Mの営業マンより業界に詳しいんです。どうしてゴミスマホを買う前に一言聞いてくれないんですか?なんなら契約前日もメールしてたじゃないですか。




どうして…。



どうして…。





と泣いてももう仕方ないです。もう2年我慢して使ってください。2年後って2019年ですよ?東京オリンピック前年に2015年製のAndroid使ってるとか化石ですよ。ほんとただ「安いから」とかいう理由で、お年寄りにクソゴミ端末売りつける営業マン絶対許さないからなくっそー。契約書どこ持っていきやがった。両親の初めてのスマホ体験がこんなクソAndroidとかほんとかわいそうになる…。

自分の無力さを味わった1日でした。現場からは以上です。


    このエントリーをはてなブックマークに追加