I'm Swayin' in the Air

旅と音楽とフジロックとブラジリアン柔術

ADHDとイヤフォンの相性は最悪

f:id:kocoronoblue:20171226112034j:image

今朝の出勤途中、イヤフォンのプラグ部分のみ紛失した。

最悪の気分だ。

なんでまたやってしまったんだーー!と青梅街道沿いで叫びたくなった。

 

大げさな話ではない。

ADHD(注意欠陥障害)の僕にとって、音楽を聴くためのイヤフォンほど相性が悪いものはないのである。

まずこの2年で購入したイヤフォンは5回、純正イヤフォンに至っては数え切れず。

もちろんライトニング変換ケーブルも1回買い換えている。

まったく成長していない。

いったい自分には何が起きているのか?

同じ現象に苦しむ人(そんな奴いないと思うが)への注意喚起と自戒を込めて振り返ってみる。

 

ADHDがイヤフォンをなくしがちな3つのパターン

1.紛失する

厳密には紛失ではなく、どこに置いたかわからなくなる。

例えば冬物コートのポケットに入れたまま不明になるなど、どこに格納したかわからなくないまま見つけられず仕方なく新しいイヤフォンを買うパターンが多い(もちろん翌年の冬になりコートを出す時に紛失したはずのアイツが出てくる。感動すら覚える)。

 

どこかに置き忘れることも多々あり。

先日沖縄出張のとき、那覇のホテルの部屋にイヤフォンを忘れた。

買って3日くらいだったのでさすがに凹み、ホテルに連絡して送ってもらうよう懇願。

丁寧に着払いで郵送してくれたけど、 沖縄からの郵送料1480円也。

安いイヤフォン新品で買えますね。

これとか。 

 

  

2.水没

これも3回ほどやらかしてる。

ポケットに入れたまま洗濯してしまうのである。

特にワイヤレスタイプのイヤフォンは小さすぎて、ナチュラルにポケットに入れたことすら忘れて洗濯しちゃってお陀仏的な流れはもはや鉄板。

「乾けば直る」というのはある意味で真実で何度か奇跡がおきて洗濯後直ったこともあったけど、そう毎回直るものではない。

つい最近はこの豆みたいなワイヤレスイヤフォンの片耳のみ洗濯してついに壊れたよ。

 

 なおウチのバンドのドラムが同じタイプのイヤフォンを使っており、「充電器壊れたからくれ」と言ってきたので気持ちよくクリスマスプレゼントとして渡してあげた。

良かったな。

ADHDでも人の役に、立てるんだ! 

 

3.断線

断線もたびたびやらかしている。

たとえばイヤフォンをカバンやポケットから出す時などに、イヤフォンが何かに引っかかったまま荒く引っ張り出して成仏というパターン。

ADHD特有の「何かしながら他のことやると行動がかなり疎かになる」という能力が突然発揮されるケースですね。

個人的統計ではAppleの純正イヤフォンでやらかすことが多い。

おそらく深層心理で「iPhone買った時純正でついてくるのでどうせタダやし」とか思ってぞんざいに扱ってるのかもしれない。

最低だ。

 

また、ある時はジャック部分がライトニングになっているイヤフォンを購入したこともあった。

 

 「これは神だ!」と感動していた1週間後、iPhoneに接続したままコネクト部分をぐにっと曲げてしまい即断線してしまい壊れた。

神はいなかった。

 

という3パターンにだいたい帰結する。

なお今回のプラグ部分のみ紛失は実は1と3の混合パターンである。

歩きながらポケットからイヤフォンを引っ張り出したとき、どうも身につけていたマフラーにイヤフォンの先が引っかかったらしくそのままプラグ部分のみ落ちてしまったと予想される。

よく断線してしまう荒い動きが、今回はプラグ部分のみの紛失に繋がってしまったようだ。

涙が止まらないよ。

 

対策方法はあるのか

よくADHD的なやらかしに対して「自分で気をつけなさい」と言ってくる人がいるけど、そのアドバイスは無駄である。

ADHDは、気をつけていないわけではないのだ。

気をつけてるけどやらかす能力が突然発動してしまう予測不能な脳内になっているのであり、精神論で片付けてしまっても何の解決にもならない。

 

僕は2016年に心療内科でADHDと診断されてしばらくカウンセリングを受けていたけど、コスト的にも厳しいので今年になってやめてしまったところまた悪化してきた。

カウンセリングはそれなりに効いていた気がする。

そう考えると、こういった症状を緩和するにはやはり医者に診てもらうのが第一歩かと思う。

薬も今は良いのが出ているそうなので、まずは近くの病院にいきましょう。

ADHDのみんな、頑張ろうぜ。