カテゴリ: 映画

image


映画「亜人」を観た。

僕は普段からあまり映画を観ない。たまに観ても洋画ばかりで、邦画は本当に久しぶりだったんだけど、かなり面白くてどハマりしてしまった。特に綾野剛の演技は秀逸。どんな役でもこなせる彼の演技に魅了される人は多いだろう。また観たくなる映画である。

ちなみに僕は「亜人」のマンガを先にある程度読んでから観ましたが、設定とか飲み込みやすくて助かりました。これから観るけど「亜人って何のことかわからん」という人はマンガを3巻くらいまでは読んでおいた方がいいです。設定自体はマンガと映画でだいぶ変わってるのでネタバレ感もないですし。













ネタバレは避けたいので、本編以外で良かったところを。

image

まさかの「亜人チュリトス」発売中。これは買ってみなければならん、ということで買ったけど


image

想像を超えた亜人感。しかもIBM味とか粉吹くレベルのリアリティ。誰だよこれ考えた中の人天才だろ。どの映画館でもやってるのかなこれ。買った方がいいですよ。割と美味しいし。



「亜人」主題歌であるThe Oral Cigarettes「black memory」は本編でもかなりゾクゾクくるレベルでハマり感ある。オーラル史上最高のシングルカット作品だなーと痛感している。

オーラル知らない大人は多いと思いますが、フォーリミオーラルブルエンはティーンズから大学生くらいの邦楽好きの中では圧倒的な人気がありまして。知識としては彼らを知っていたのですが、ちょっとしたキッカケで彼らの「エイミー」という曲のギターを耳コピする機会があったんです。ほんとドラマティックなコード進行やオーソドックスかつメロディアスやギターソロにやられてしまって好きになった次第です。



最高でしょほんとに。僕のブログ読者の方世代だと、ラルクとか好きな人多いんですがぜひそんな方々にもオススメですね。

BLACK MEMORY 初回盤(CD+DVD)
THE ORAL CIGARETTES
2017-09-27



これが「black memory」の初回盤CD。ファン向けのDVDが特典になってます。観たけどほんとこれ特典とか贅沢な時代になりました。


FIXION 初回盤
THE ORAL CIGARETTES
2016-01-05



これが「エイミー」も収録されてるアルバムですね。他にも名曲揃い。


あと僕が働いてる会社が製作委員会に入ってるんてすが、エンドロールで同じ部署の同僚の名前が出ていて単純にうらやましかった。次は僕の名前も出してください!なにもしてませんが!


というわけで「亜人」オススメです。



「The Universal」で映る、ハイドパークでのオッサンの涙をおれは忘れないぞ。


先日blurのスペシャルな映画『ブラー:ニュー・ワールド・タワーズ』15分視聴会についてブログに書きまして。で、神のご加護でしょうかなんとフレッドペリー東京で開催された映画の特別先行試写会に当選!日頃の行いが良すぎたのかな。




しかしまあこの映画、ただ年寄りバンドの過去の栄光を表面的に映しただけの提灯ムービーなんかじゃまったくなかった。一貫して描かれるのは、blurメンバー4人の「美しき友情」「モンスターバンドのメンバーであることのすれ違い、そして息苦しさ」だ。




その内省的な葛藤が、香港の狭く埃かぶったスタジオに5日間こもって進められた『The magic whip』の制作過程のシーン、そして伝説的なハイドパークのライブシーンにかぶせて描かれてる。極限の静と動。

クライマックスはやはりハイドパークでの "あの曲" だろう。ファンだったら絶対に映画館のデカいスクリーンで観たほうがいい。震えるぞ。



続きを読む



「2時間同じ場所に座っていられない」という理由で「映画は観ません」と公言してる僕ですが、別に映画が嫌いなわけではなくむしろ好きなジャンルであれば率先して観たいわけです。そんな中でもバンドのロードムービー的なものは、映像作品として適度に編集されてるのでかなり好きだったりします。

そして2016年、なんとblurの映画が公開されるという!しかも、2015年にリリースされた「The Magic Whip」作成秘話が大きくフィーチャーされており、香港滞在時の様子が大きく取り上げられてるよう。これは早く観たいぜ!

続きを読む

このページのトップヘ