カテゴリ: 名画探訪



「The Universal」で映る、ハイドパークでのオッサンの涙をおれは忘れないぞ。


先日blurのスペシャルな映画『ブラー:ニュー・ワールド・タワーズ』15分視聴会についてブログに書きまして。で、神のご加護でしょうかなんとフレッドペリー東京で開催された映画の特別先行試写会に当選!日頃の行いが良すぎたのかな。




しかしまあこの映画、ただ年寄りバンドの過去の栄光を表面的に映しただけの提灯ムービーなんかじゃまったくなかった。一貫して描かれるのは、blurメンバー4人の「美しき友情」「モンスターバンドのメンバーであることのすれ違い、そして息苦しさ」だ。




その内省的な葛藤が、香港の狭く埃かぶったスタジオに5日間こもって進められた『The magic whip』の制作過程のシーン、そして伝説的なハイドパークのライブシーンにかぶせて描かれてる。極限の静と動。

クライマックスはやはりハイドパークでの "あの曲" だろう。ファンだったら絶対に映画館のデカいスクリーンで観たほうがいい。震えるぞ。



続きを読む



「2時間同じ場所に座っていられない」という理由で「映画は観ません」と公言してる僕ですが、別に映画が嫌いなわけではなくむしろ好きなジャンルであれば率先して観たいわけです。そんな中でもバンドのロードムービー的なものは、映像作品として適度に編集されてるのでかなり好きだったりします。

そして2016年、なんとblurの映画が公開されるという!しかも、2015年にリリースされた「The Magic Whip」作成秘話が大きくフィーチャーされており、香港滞在時の様子が大きく取り上げられてるよう。これは早く観たいぜ!

続きを読む

このページのトップヘ