カテゴリ: Outdoor



このブログ、毎年フジロック直前の時期になるとアクセスが急増します。今年も見事にアクセス増えてまして、またアホな顔が全国に拡散されてると思うと胸が熱いです。

さてフジロックまであと2週間。わたくし今年も例外なく見事なまでに孤独フジロック感出てきたんですが、この20年間で初めてのキャンプサイトでテント泊に挑戦しようかと思ってます。より孤独感上げてくぜ!

というわけでフジロック用にテント買いました。NEMO/TANI LS2P ですー! 


フェス in キャンプ向けテント軽量クラスでは最強レベルのテントと確信しましたね。買って初日に怪しいキャンプ場(熊出そう)にいって孤独泊してきました。展開早すぎる。
続きを読む

2014-07-06-10-49-11

2014年7月6日。日本百名山の一つ、山梨県奥秩父にある「瑞牆山」登頂に成功。「みずがきやま」と読むこの名峰は通をも納得させるイカした山であり、一度ならず二度三度と登る人が多いらしい。御多分に漏れず僕もまた登りたい今度いつ行こうか既に迷ってるよ!続きを読む

2014年3月30日。「今シーズン最後のスキー行くぜ!」と意気込んでました。新幹線のチケットもとり、板の調整もOK。さあ行くぞ!と気合入れた朝。

2014-03-30-12-01-33

まさかの営業中止。ぐごごご…。しかし気温8.5度雨天強風は確かにスキーをする環境としては不快過ぎる。仕方ないのであきらめます…。




続きを読む

画像1

「目の前の山に登りたまえ。山は君の全ての疑問に答えてくれるだろう」
(ラインホルト=メスナー)

人類初の8000m級全14峰完全登頂した伝説の登山家メスナーの名言だ。そう、すべての登山家にとって「山に登る」ということはそれ自体が「解を導く」という行為なのである。崇高な行為ではないか。

僕らはいつも3人のパーティで山に登っている。僕らのような普通の人間だって常に人生の疑問を抱えながら生きており、いつも山に登って答えを問うているんだ。簡単だが僕らの悩みを一部を紹介しよう。たぶん山は答えを教えてくれる。

デリヘル呼んで10回以上チェンジしたことあるけど何回チェンジしたらヤクザがくるのかな。

大学でいつも便所飯だけど山に登ればみんな友達だよね…。というか友達って何なんだろうね…。ちょっとKDさん!僕の大学の後輩女子のフォロワーにリプ送らないでください大事なフォロワーなんです!!

フジロック好きな同僚がみんなでフジ前に事前に予行演習BBQしたらしいけど、そんな会あったことすら知らないし、知ったきっかけが「そういえばKDさんあのBBQいませんでしたね!」って言われたからなんだよねどういうことかな(°∀°)アハハハハハハハ!


いかがだろうか。僕らが人類の深淵なる謎に迫るべく山にアタックしている様が伝わっただろうか。そんな僕ら通称「クソオセラーズ登山部」今回の標的は、白馬だ。
続きを読む

画像1

こんにちは!前回のエントリーで「JS勉強してるよ〜」とか言って午前3時くらいまでしこしこコード書いてたら翌朝死にそうに風邪ひいてしまい会社を休んでしまいましたまじですいませんすいません。ほんとこの年齢になると寝ないとダメですね…。今週末は木金と有給取ってるので業務進行に大幅ダメージで超反省。しっかり寝ましょう30代。

つーわけでいきなりですが今週末は北アルプスへアタックしにいきます。白馬山系ですね。猿倉から白馬大雪渓を通過して山頂に一泊。翌朝下って白馬鑓温泉に立ち寄ってからの下山というめっちゃ熱いルートいく予定です。

今まで富士山しか登ったことのない僕なので楽しみで仕方ない!しかし、富士山と違いちょっとした登山装備も必要なので色々買い足しました。持ち物リスト書いておきます。
続きを読む

このページのトップヘ