カテゴリ:インターネット > LINE



Broadcast live streaming video on Ustream

LINEカンファレンス TOKYO 2014、皆さん見てましたか?

僕は仕事しながらサイドモニタで Ustream ガン見してました。Webディレクター的な立場ではLINE Payを始めとした、「Life」シチュエーションに紐づく新機能に猛烈に惹かれるわけですが、このブログは最近音楽ブログとしてシフトチェンジした(つもり)なので、やはり「LINE Music」に注目せざるを得ません。続きを読む

2014-05-17-22-11-26

2014年5月15日(木)、16日(金)と二日間、韓国に仕事で出張に。帰りは土曜日だったのですが飛行機を少し遅い時間にしてもらい、プライベートの体で韓国をウロウロしてました。

金浦国際空港に向かう前に明洞へ。目的はロッテヤングプラザ。LINE STOREがあるというので見に行ったんですがこれがまあめちゃくちゃ楽しくてテンションあがりまくった。カカオトーク天国の韓国。でも体感的にはLINEも伸ばしてそう。続きを読む

画像1

最近仕事で、韓国から日本に出張で来ているデザイナーさん達の世話役をやってます。と言っても話せないのでLINEのグループ作って韓国語翻訳bot入れてコミュニケーションしてます。

で、よくご飯とか行って写真とか撮るんですが、共有のためにトークに写真送ると一定期間経過後消えてしまうのがイマイチでした。

ところが!今は「アルバム機能」というのがあるんですね〜知らなかった。これなら(たぶん)しばらく残ってて共有しやすいですね。

続きを読む

画像1


LINE PLAYの勢いがすごいそうです。

スマホ向けアバター コミュニティ「LINE PLAY」、開始1年でユーザー数が「世界最大級」の1,300万人超に

LINE は、無料メッセージ/通話サービス「LINE」と連携し、アバターで遊べるスマートフォン向けサービス「LINE PLAY」について、ユーザー数がサービス開始1年で1,300万人を超えたと発表した。同社は「世界最大級のスマートフォン アバター コミュニティ」としている。

LINE Playは、アバターを使ってチャットなどが行えるコミュニティ サービス。ユーザーはキャラクタの作成、マイルームの装飾を通したコミュニケーションが楽しめる。日記を書ける「ダイアリー」機能、アバターを使うゲーム「つりとも」なども利用可能。クライアント アプリケーションは Android 版と、iPhone などで利用可能な iOS 版を無償提供し、有料のアドオン アイテムを用意する。

http://japan.internet.com/busnews/20131122/4.html
もちろん僕もやってます。しばらく遊んでなかったけど久々にログインしてみたんですよ…思い出しました。おれ当初ムーンガチャ回しまくってたこと。ちょっとお見せしちゃいますね。



続きを読む

このページのトップヘ