タグ:ブラジリアン柔術

image


2017年11月22日。毎日寒い。

ところで最近、毎日ブラジリアン柔術ばかりやってる気がする。朝起きてダラダラして、カバンに柔術衣(のみ)を詰めて出勤。退社してすぐにジムに向かう日々。昨日なんか会社の懇親会ノンアルで通し、途中で抜けてジム行ってた。よく会社をクビにならないなと思う。



自分にはブラジリアン柔術のセンスがカケラもないことはわかってる。

なぜなら、ブラジリアン柔術とは完全に「頭脳的な戦略・戦術」を必要とするスポーツだからだ。いくつかのベーシックなポジションやムーブを基底に、無限に広がるハイエンドテクニックを極めた上で対戦相手に勝つことを要求される体系的な戦略がマストなわけだけど、僕は残念ながら昨年心療内科でADHDと診断されてしまったのだが、つまりは脳内のワーキングメモリが普通の人より小さく、短期記憶の維持をかなり不得手としているらしい。知らんがなそんなの。生まれつきじゃねーか。と叫びたくなったが、まあ仕方ない。

なるほど。どうりでテクニッククラスで技術を習っても全然身についてない。というか、1日が終わると習ったテクニックの大半が記憶から抜け落ちてるわけだ。

よって、長年やってるのに自分のテクニックがまったく成長していない。うまくなるわけがない。安西監督の説得を振り切って、アメリカの空気を吸えば高く飛べると思っていた谷澤状態に近い。

image


ブラジリアン柔術ジムに復帰して8ヶ月が経つ。もうブランク明けとか言ってられないのに弱いままでADHDなもんだからテクニックをまったく身につけられていない。僕は悩みに悩んで、ある解に到達した気がする。それが

「可能な限り毎日ブラジリアン柔術をする」

「その日習ったテクニックを復習し、動画におさめておく」



「毎日やる」ってのは単純に練習回数多い人が強くなるのは当たり前で、そんなことを目指してるのではなく僕はジムに行くことを単純に「習慣化」させたいのだ。仕事が忙しかったりプライベートの用事が重なるとぱたっとジムに行かなくなってしまい、完全に置いていかれることが多々あった。そうならないために、とにかく可能な限り行くことにしている。それ以上の理由はない。

それと、短期記憶ができないなら強制的に再現させるしかない、と考えて、僕はその日習ったテクニックを再現し、ジムメイトに撮影してもらうようにした(みんないつも協力してくれてありがとう)。撮った動画はもちろん都度見てる。

これはかなり効果があったようで、スパーリング中に習ったテクニックを再現できる確率が高くなってきた。

また、試してみてもどうしても決められないテクニックがいくつかあった。その原因をインストラクターに聞くと「なせ決められないのか?どうやったら決められるのか?」を懇切丁寧に教えてもらえる。これがデカかった。

人間は細部の些細(に見えるよう)なことほど自分では気づけないのだろう。そして、これはきちんと習ったテクニックを記憶できてるからこそ聞ける質問だ。忘れてたらスパーリングでも試せないし、もちろん質問もできない。



そんなわけでブラジリアン柔術をすることが、40歳を過ぎた今、以前よりも少しだけ楽しく感じる上昇スパイラルが始まってる気がしている。だからなるべくジムに向かう。そうして2017年ももうすぐ12月を迎える。


寒いな、毎日。

image

2017年11月9日。沖縄出張の夜。

同僚達は食事に行ったけど、僕は「ちょっとブラジリアン柔術してくる」と言い捨てて一人でレンタカーぶっぱなし出稽古に向かうという空気読めない行為を実行。快く(あきらめの表情、ともいう)送り出してくれる同僚には感謝である。

というわけで、僕は沖縄県那覇市にある「若ブラジリアン柔術道場」にお邪魔してきました!最高に楽しくスパーリングできて、かつ柔術トークにも花が咲きとても充実した時間に。若山先生ありがとうございます!

image

那覇市首里山川というところにある。高台にあり気持ち良い場所だった。看板や内装カラーはブラジル感漂う緑と黄色のラスタカラー。

image

そうなんです。ブラジリアン柔術は普通の人の運動不足解消に最適なレクリエーションと思ってもらいたい!荒々しい格闘技ではないんだよ。

だいたい僕なんかITで働いてて1日10時間くらいパソコンのモニター見てるけど肩こりなくなったからね。ブラジリアン柔術やったら。


image

ジム前に置いてある若柔術オリジナルデザインでラッピングされた自動販売機がめちゃくちゃかっこいい。これだけで入会したくなるわ。


image

中も充分に広いスペースがあってスパーリングも伸び伸びやれます。マットはやや硬めの作りで僕は結構好みです。グラウンドの展開になった後楽しく動けます。


image

羽田から沖縄フライト→商談→ほぼ食事摂れずに出稽古でスパーリング→汗だくおじさん、の図。インスタにあげてもLIKEはもちろんゼロ。これが現実だ。


image

若山先生や会員の皆さんとたくさんスパーリングさせていただきました!本当にありがとうございます!

若山先生は柔らかいムーブを連発されてまして、とても勉強になりました。この日から、開脚180度目指して毎日ストレッチやってます。


image

ストライプの授与も行われてました。おめでとう!


image

彼は白帯ですがまだ17歳で若くてとてもフィジカルが強くて、あとハートも強くて最高な柔術やってました。私ボコボコにされる寸前。将来めっちゃ有望!がんばって!


image

贅沢なことに、スパーリングクラス→テクニッククラス→スパーリングクラスと3クラス連続で参加させていただきました。

ジムによってクラスの進め方が違うのも新鮮でしたね。この日のテクニッククラス、若山先生が会員さんに「何かわからないことある?」と聞いていき、そのテクニックと派生テクニックを教えるというスタイルでした。とても実戦的な形式で面白い。

スパーリングもたくさんやらせてもらって、ビジターフィー2000円+道着レンタル500円は格安です。沖縄行く柔術家は必ず寄ってみましょう。ラッシュガードは忘れずに持って行きましょうね。

あと事前に所属ジムの先生の許可と、若山先生にも事前にメールして許可をいただくようにした方が良いです(と若山先生はブログに書いてらっしゃいました)。おかげで気持ちよく迎えていただけました!



最近柔術楽しいな〜。以上です、また今度沖縄行くときは若ブラジリアン柔術に出稽古させていただきます!



大したことではない、極めて個人的な話なんだけど、1年半前に諸事情で退会していたブラジリアン柔術の道場に復帰した。

ドアを開けるまでは「知らない人ばかりだったらどうしよう…」「何しに帰ってきたの?って言われたらどうしよう…」と不安だった。でも開けた瞬間、顔馴染みだったみんなが見えて

「どしたの!復帰??嬉しいなー!」

と歓迎してくれたのである。復帰する人間にとって、こんなにも勇気付けられ、嬉しくなることはない。これこそがまさに「大人の部活」と呼ばれるブラジリアン柔術の良さだと思うよ。
続きを読む

2014-08-28-23-19-57

「出てこいゃあ!」が未だに格闘技のイメージなんですね。今なら「イーーーッツタァイイイイム!」だろーと思ったけどまあ無いですね。

つーわけでこんにちは。格闘技人気が下がってると言われる昨今。テレビで特集されるのは嬉しい限りだったりします。今回は「アメトーク!」が「格闘技やってる芸人」でした。ブラジリアン柔術やってるドランクドラゴン鈴木さんが割と多めに喋ってたのでおってみました。
続きを読む

2014-05-17-13-42-54

2014年1月の韓国訪問時。韓国で有名なJohn Frankl柔術に出稽古に行こうと思うも時間なくてタイミング合わなかったのですが、5月の訪韓でついに参加することができました!いや〜みんな強かった〜。とても充実した2時間を過ごすことができました。お相手してくれた皆様ありがとうございます!

▼1月に書いたブログ
ソウルのJohn Franke柔術にいってきた!
http://blog.kocoronoblue.com/archives/35868174.html
続きを読む

このページのトップヘ