写真を撮るために立ち食いそば屋にかけこんだ昨日、「春菊天」に目を奪われていたことは告白しなければなりません。
コロッケそばのような「味わいが汁に溶けて独特の旨みが出る」というところでは玉ねぎたっぷりのかきあげ天そばでも同様であり、油が広がって味が出るというところでは各種天そばに共通するところであり、グズグズに溶けた食感が好ましいと言うところでは衣ばっかりのエビ天そばでも味わうことができます。

コロッケそばを語る


NEC_0524

2013年2月、突如はてブホッテントリ入りした「コロッケそばを語る」。
本当に素晴らしい文章でした。
それと同時に、「なんでおれがこれを書かなかったんだ!」と後悔したのも事実。
ブログを書いている人間であればわかるのではないでしょうか。
僕もそれくらい、あの「粗雑な文化」でもある立ち食い蕎麦を愛しています。

蕎麦は蕎麦でも、僕は「特定の駅の立ち食いそば屋」。
いや、もっと限定して「所沢駅の狭山そば」を心から愛していた人間。
過去形。
そう、2011年12月31日まで西武線所沢駅構内にあった狭山そば。
駅改築とともに消えていった狭山そばを僕は愛していました。

昔好きだった女のことなんてたいてい忘れています。
でも、変なきっかけで思い出すことがある。
時々おせっかいな友人がいたりもする。
「あいつ最近結婚して子供3人目できたらしいね!」
そんなこと聞いてねえよ。
余計な情報くれやがって。
元気そうじゃん。

@raf00 さんのブログを読んで僕はいままさにそんな境地。
ノスタルジーしかない文章に申し訳なさを覚えつつ書きます。


続きを読む