タグ:bloodthirsty_butchers

10/23、私38歳になりまして。いよいよ身も心もおじさんであります。Facebookの誕生日情報を削除したら、おめでとうって言ってくれたの2人くらいでしたwwあのFacebookのまやかし機能さっさとつぶれろ!!

で、本題です。僕は10/23に産んでくれた両親に本当に感謝していて最高の誕生日だな、と。理由はただ一つ。1996年10月23日にbloodthirsty butchersの歴史的傑作アルバム『kocorono』がリリースされた日だから。


kocorono完全盤(紙ジャケット仕様)
bloodthirsty butchers
キングレコード
2010-03-10



僕は毎年自分の誕生日なんかどうでもよくて、いつも心の中で『kocorono』に祝杯をあげています。ブッチャーズファンの皆さん、毎年10/23は『kocorono』聴きながら僕のこともたまには思い出してあげてください。というわけでブッチャーズファンあるある書いてみた。続きを読む

2014-10-08-06-49-00

できるだけモノを持たない生活をしたいと思って色々なものを捨ててるのですが、なかなか進みません。特にCDなど音楽関連グッズは気持ち的に捨てられないのですが、売れるものはできるだけ売っていこう、という気になってきました。

するとですね。「あれー?あのCDってジャケットの裏どうなってたっけ?」と気になってしまい、思い出せず苦しい的なことが多々発生し夜も眠れません。つーわけで、買ったCDとかお気に入りのCDはジャケなどを全部写真撮ってブログにあげておこうかなと。

第一弾は、よく音楽ファンが「無人島に持っていくCDは?」というクソ陳腐な質問に対して「無人島に電気通ってないぞ」と大松ばりに切り返したくなるけど仕方ないから答える時に出てくるのが、まあ私の人生で一番好きなアルバム「kocorono」の中身。ファンは穴が空くほど見つめてると思うのですが、改めて眺めてみると色々気づいてない点がありました。

続きを読む

2014-05-28-23-03-04

行こうかどうか最後まで悩んで、悩みながら仕事してたんだけどオフィスからO-Eastまで歩いて10分だし、Envy観たいから行ってきました。

感想は…なんつーかこう、出演者も参加者もみんな、モヤモヤしてるあんなことやこんなことに対して「区切り」にしてる感じだったのかな。続きを読む

このページのトップヘ