タグ:bloodthirsty_butchers

2017-10-16-21-02-04

ぐああああああ…!ここ最近凄まじい特集号を毎号連発してるギターマガジン。2017年11月号はとんでもない狂気のテーマ、まさかの「永久保存版特集:BIG MUFF」きた。

キャプションが「今すぐに踏め」ww最高すぎます!今すぐ踏みます!ぶっちゃけ僕LITTLE BIG MUFF持ってるんですが、じゃじゃ馬過ぎて全然使いこなせなくて中古で売っぱらおうかと思ってましたすいません!やっぱり売らないで踏みまくります!!!


2017-10-16-21-02-25

このページのデザイン最高。

上段中央のラムズヘッドロゴ入ったマフ、めちゃくちゃかっこいいね。

僕あまりエフェクターをコレクションしたい願望は無いんですが、この号読んでたらビッグマフコレクター市場に参戦したくなってきた。頑張ってお金稼ごう。

2017-10-16-21-02-33


出ましたCDつき。

つーかマスタリングされてる方知り合いだった。森田さん素晴らしいお仕事ありがとうございます!

M21〜30、和嶋慎治御大のこういうプレイが聴けるだけでも正座ものです。通しで聴きましたが、僕はM27のEnglish Muff'nの音が好きです。




2017-10-16-21-03-39

そしてついにきたー!!!!!おれたちの人間国宝ギタリストこと名越由貴夫大先生と我らがbloodthirsty butchers/FOE/SOSITE/Crypt Cityのこまっちゃん、そして中尾憲太郎さん!いったい何歳になったんだろうか。

しかしこの記事はまじでやばい。名越さんのギターサウンドにビッグマフが欠かせないことは有名な話ですが、名越さんとビッグマフについて延々と語られています。

そして、前掲のCDには18種類のビッグマフ試奏トラックに加えて、名越由貴夫、中尾憲太郎、小松正宏による「Special Big Muff Sesssion」、そして脅威のM20「kocorono session」が収録!!!!!!!!!!うあああああああああああ!!!!!そう、あのジャケで使われてたマフと吉村秀樹が愛用していたMXRダイナコンプが使われてるわけです。吐き気してきた。1:40くらいからのサウンド聴いておまえもさあ吐け!!!

bloodthirsty butchersファンはまじで死ねますこれ。絶対に買ったほうがいいですこの号は。



ところでこれだけ連続でビッグマフのサウンド聴けて最高なんですが、M1〜M2の1969Triangle Knobビッグマフは本当にくっそかっこいいファズサウンドですね〜。本書読めばわかりますが、同じビッグマフでも基盤全然違うみたいで個体差結構あります。めちゃ面白いな。



2017-10-16-21-03-48


そしてbutchersファンが絶対に泣く、あの吉村秀樹愛用であり日本ロック史上最高傑作「kocorono」のジャケ画像にもなってている後期ラムズヘッドのビッグマフ全力特集。

よーさん、あなたが残した傑作は2017年の今になってもこうやって語り継がれてるぞ。地獄で元気にしてるかな。



2017-10-16-21-04-04


butchersの写真集も出されている菊池さん撮影の吉村秀樹ペダルボード。おれは知っているぞ。吉村秀樹会のときに撮影されたやつだよね。だっておれこの時行っててブログに超詳細レポート書いたもん。

ブッチャーズのライブは散々行ったけど、あのクリーントーンの作り方はコーラスとダイナコンプに秘密があったんですね。



「kocorono」の壮大なスケール感とビッグマフに焦点をあてた名越先生のインタビューがまた泣けてくる。

僕は「7月」後半のあの空間系と轟音のミックスを超えるギターサウンドにまだ出会ったことがない。



というわけでオススメです





まじでこの号の気合の入りようは半端ないです。

僕はブッチャーズファンなのでそれらのページをブログに書きましたが、他にも歴代のビッグマフ特集からエレハモ訪問録まで信じられないレベルの濃密な内容となっています。

CD付だし、これ売り切れたらほんと後悔すると思うのでギタリストはガチで全員買ったほうがいいです。




あとこの号は吉村秀樹追悼特集されてます。「7月」のタブも載ってる超貴重なギタマガ。リンク先見てみるともう中古しかなくなってるけど、それでも手に入れたい一品です。


というわけでギターマガジン2017年狂気のビッグマフ特集号詳細についてお届けしました!最高すぎて耳壊れる〜!

10/23、私38歳になりまして。いよいよ身も心もおじさんであります。Facebookの誕生日情報を削除したら、おめでとうって言ってくれたの2人くらいでしたwwあのFacebookのまやかし機能さっさとつぶれろ!!

で、本題です。僕は10/23に産んでくれた両親に本当に感謝していて最高の誕生日だな、と。理由はただ一つ。1996年10月23日にbloodthirsty butchersの歴史的傑作アルバム『kocorono』がリリースされた日だから。 




kocorono 最終盤 【完全限定プレス盤】
bloodthirsty butchers
キングレコード
2016-10-23


KOCORONO
bloodthirsty butchers
キングレコード
1996-10-23



kocorono完全盤(紙ジャケット仕様)
bloodthirsty butchers
キングレコード
2010-03-10


(※何枚出てるのかわかりませんが最終盤買っておくのがいいですw)




僕は毎年自分の誕生日なんかどうでもよくて、いつも心の中で『kocorono』に祝杯をあげています。ブッチャーズファンの皆さん、毎年10/23は『kocorono』聴きながら僕のこともたまには思い出してあげてください。というわけでブッチャーズファンあるある書いてみた。続きを読む

2014-10-08-06-49-00

できるだけモノを持たない生活をしたいと思って色々なものを捨ててるのですが、なかなか進みません。特にCDなど音楽関連グッズは気持ち的に捨てられないのですが、売れるものはできるだけ売っていこう、という気になってきました。

するとですね。「あれー?あのCDってジャケットの裏どうなってたっけ?」と気になってしまい、思い出せず苦しい的なことが多々発生し夜も眠れません。つーわけで、買ったCDとかお気に入りのCDはジャケなどを全部写真撮ってブログにあげておこうかなと。

第一弾は、よく音楽ファンが「無人島に持っていくCDは?」というクソ陳腐な質問に対して「無人島に電気通ってないぞ」と大松ばりに切り返したくなるけど仕方ないから答える時に出てくるのが、まあ私の人生で一番好きなアルバム「kocorono」の中身。ファンは穴が空くほど見つめてると思うのですが、改めて眺めてみると色々気づいてない点がありました。

続きを読む

2014-05-28-23-03-04

行こうかどうか最後まで悩んで、悩みながら仕事してたんだけどオフィスからO-Eastまで歩いて10分だし、Envy観たいから行ってきました。

感想は…なんつーかこう、出演者も参加者もみんな、モヤモヤしてるあんなことやこんなことに対して「区切り」にしてる感じだったのかな。続きを読む

このページのトップヘ