I'm Swayin' in the Air

生きてて楽しい

Bloodthirsty Butchers@新代田FEVER

画像1
ブッチャーズのライブを観に新代田FEVERに行ってきました。
FEVERも初めてどころか新代田という駅に降りたのもの初めて。
下北沢からすげー近いのに何か全然違うな。
====

おとぎ話


会場に到着すると、おとぎ話というバンドが演奏中。
大変不勉強ながら存じていなかったのですが、すごい人気ある。
女子に。
かわいい女子に。

曲の構成がCOILと共通するものがあるなと思い僕の中で好感度高かったです。
「売れたい!と思って作った曲です」と言って演奏していた曲は狙いすぎてて好きじゃなかったけど、他の曲がひねくれポップセンス炸裂しててかっこいいなー。
なんか近いうちに朝霧JAMとか出そう。
んでそういったフェス系で人気出そうだなーと遠い目をしながら思ってました。
頑張ってください!

Bloodthirsty Butchers


そして次は我らがブッチャーズ。
かわいい女子が一気に減ったww
そして会場のどこに隠れていたんだ、と聞きたくなるようにわらわらと僕のようなもさいオッサンとおばちゃんと明らかにサブカル臭する若者が中央に集まり始める。
これぞブッチャーズである。
10年前から変わらない。
僕はそんなブッチャーズが大好きなのである。

画像1

サイダー


新曲「サイダー」で始まり!
近年のブッチャーズの流れを組むこの新曲、自分の中でも馴染んできたな〜。
「NO ALBUM 無題」はたぶん古いファンからしても傑作の一つだと思うので一刻も早くその流れを組んだ新譜を期待したいところですね!
もうすぐかな〜。

4月


デカダン〜Lucky manと続き「4月」!
ブッチャーズの最高傑作は「kocorono」と言われます。
そしてブッチャーズはよく「その月の曲」を演奏してくれます。
これがオールドブッチャーズ時代からのファンにはたまらないものがあります。

「4月」を聴くといつも思い出すのが、いつぞやかのフレーミング・リップスとの対バン@新宿リキッドルーム。
あの満員の会場で深夜4時に鳴り響いた4月のフレーズは忘れられない。
あの頃は△でしたが今はひさ子さんも加わり、より繊細なアルペジオと一緒に聴くことができるようになって今のブッチャーズファンは幸せです。

6月


そしてそのまま「6月」に突入。
あら珍しい。
生で聴いたのはいつ以来だろうか…。
3月に長く暗い列車に乗ってきたので記憶を重ね合わせながら聴いてました。
最後のサステインが少し掠れてたのはご愛嬌。

ソレダケ


本日「未完成」からは唯一の選曲「ソレダケ」。
これを聴いてロビポンさんのベースは国宝級であるとみな思うであろう独創的なベーズフレーズを聴いてぞくぞくしてくれる女性がいたらまじで結婚したいくらい好きな曲。
「未完成」からの曲はやっぱり昨年の未完成完全再現ライブからよりかっこよくなってるよな〜。
はー、好き過ぎる。
あと吉村さんのマスシスモデルジャズマスターの音が良すぎてやばい。

燃える、想い


出た!
個人的最高傑作「yamane」からのハイライト。
これもいつも昔思い出しちゃうんだよな〜。
WRENCHとの対バンで観た時の「燃える、想い」を聴いてガチ泣きしてました。
yooさん昔はこの曲黒のストラトで弾いてた気がするけど最近違うのかな。
というかまだ盗まれたギター見つかってないのかな…。
あの黒リッケン早く見つかってほしい…!

yamane
yamane [CD]


個人的ハイライトはこんな感じでした!
いや本当はもっとたくさん曲やっててすげーかっこ良かったんですが、ブッチャーズは思い入れが深すぎて一曲一曲書くこと多くなりすぎてしまうためこの辺にしておきます。

画像1


SETLIST 2013/04/26 Bloodthirsty Butchers

 

サイダー
デカダン
lucky man
4月
6月
コリないメンメン
black out
ソレダケ
フランジングサン
燃える、想い 
---enc---
3月
デストロイヤー
Jack Nicolson


以上です。
次のブッチャーズは7/11のワンマンかな。
みなさんお会いしましょう!