I'm Swayin' in the Air

生きてて楽しい

I think otherwise/イノセンス聴いたんだけど名盤過ぎて無邪気な鼻血止まらない

画像1

日本人による由緒ただしき90'sオルタナ解釈!個人的にはスーパーカー「スリーアウトチェンジ」初聴き時の衝撃を超える最強盤の登場でおじさんなのに泣きそう。



皆さん I Think Otherwise というバンドを知ってますか?僕は1年くらい前に偶然YouTubeで彼ら彼女らの曲を聴いたんですが一発でお気に入り再生リストに突っ込んだ日本のバンド。

そんなITO初の全国流通版「イノセンス」が発売。さっそくiTunesからダウンロードして聴いたのですが、一曲目「プロペラ」のイントロ流れた瞬間から「これもう名盤確定でしょ空気感」に満ち溢れてる超絶名作に仕上がっててハゲ上がるかと思った。全員聴け!

====

全曲ハズレ無し


ギター・ポップ愛好家で、1曲目「プロペラ」のギターサウンドを聴いて何も感じない奴はもう耳腐ってるから宗旨替えしたほうがいい。そしてリズム隊が完全に今の若者のフレーズでめっちゃ羨ましい。自分がバンドやってる時もこういうリズム鳴らしてみたかった。手数も良い感じだしコード進行はシンプルだけどしっかりベースメロディ鳴ってるし。ラストの突き抜けるメロディもやばいなー。




あといきなり雰囲気の変わる「海の散歩」。シンコペーションの使い方は天性のモノなんだろうなー。シンコペーションって下手なバンドがやると激しくダサくなるんだけど、このバンドはPOP/ロックの「かっこいいエキス」を素直に取り入れてるのかすげーかっこよく仕上がってる。

「ボトル・シップ」のコード進行もまた神がかってるなー。これは完全に今の若者達による90年代の解釈だなw

あと後半2曲「パラシュート」「水色の旗」のハイスピードな青さはくっそやばい。たぶん青すぎて僕みたいなおじさんには理解できないはずなんだけど、ギターの構成が完璧過ぎていつまでも聴いてしまう。僕は年を取り過ぎてしまったので彼ら彼女らと目線を共有することはできないのが悔しい。この景色は昔自分も見ていた気がするんだけどもう忘れてしまったな…。

そんな自覚症状に襲われる本気の作品。たぶん数年後にはめちゃくちゃ売れてるだろうし、その時僕はもっとおじさんになってて聴けないだろうから今出会えてよかったな、と思った。




「スリーアウトチェンジ」を超えてる


初聴きのインパクトは、僕が若い時に聴いたスーパーカー「スリーアウトチェンジ」と同じ、青すぎるギターノイズポップの世界が広がっていた。しかし聴き込むほどに、それだけでは語れない奥の深い世界が「イノセンス」には込められている。

今は2014年。「スリーアウトチェンジ」は確かに素晴らしい作品だったけど、今となっては「僕たちが大好きだった90年代オルタナを日本語に翻訳」したものだったんじゃないだろうか。いままで気づかなかったけど、「イノセンス」を聴くことで図らずもそんな感覚に陥った。それくらいこの作品は傑作だと思う。

伝統的な90年代オルタナの手法+日本の美しきポップ辞典という見事な融合は、青い初期衝動と相まって人の心に残る作品になってる。まちがいなく有名になっていくんだろうなー。ほんと頑張って欲しい。そして次作は初期衝動だけじゃない、真骨頂問われる作品になるんだろうけど軽々とプロペラ回して乗り越えていって欲しい。

イノセンス
I Think Otherwise
BounDEE by SSNW
2014-01-22