I'm Swayin' in the Air

生きてて楽しい

元気出すならすぐにTHE GO! TEAMを聴け。新作"The Scene Between"

7a1f051b


誰しも落ち込むことはある。

 
想像してみて欲しい。例えば仕事用のLINEグループに間違えて「今日にゃんにゃんしようね♡」と誤爆した時。ランチで食べたヒカリエ地下3F尾張屋の「塩唐揚げ弁当」。唐揚げの切れ端を思いっきり前歯につけながら来客対応したあとトイレで鏡を見た時。あくまでも想像だぞ実例じゃないぞ。
 
そんな時、すぐにでも忘れて元気を出し、何もなかったかのように精神をもっていかなければいけないのだが、そういう時僕はよくTHE GO! TEAMを聴くんだ。「Huddle formation」みたいな底抜けに明るいポップソングを聞いて元気を出す。
 
そんなみんなの清涼剤THE GO! TEAMの新作"The Scene Between"は全力全開ポップソング一色に染まってて最高の作品となっている。さあ、今すぐ聴いて元気出そう!



今作のトレイラーだ。発売前にこの動画が公開された時、流れてくる名曲間違いなしのパーツにとにかく興奮を抑え切れなかった。早く全部聴きたい!って思わせるトレイラーもなかなか無いだろう。





ハズレなしの傑作の中でも特に秀逸なポップソングなのがまず5曲めのblowtouchかな。まさにteam節という感じで、縦ノリで一気に突っ走る。このバンドはなんといってもリズム隊がシンプルだけど骨太にリズム刻んでるのが最高だ。

イギリスのバンドと言えば例えばThe Musicのように、フジロックで感動的な解散ライブをやってて最高潮の「The People」のギターリフが鳴り響き会場のボルテージ最高潮直前だったのにリズムがヘボくて「最後までこいつら演奏ヘタだな…」って思わせるバンドが多いけどThe Go! TEAMはみんなうまいで。ごめんThe Music全然関係ないよね。


  

3曲めwaking the jetstreamもイントロが何かストロークスみたいなちょっといなたい雰囲気で始まりつつ変な効果音とかたくさん入っててかつキュートな歌が耳に心地よく残るだろう。



THE GO! TEAMはイギリス・ブライトンの日本人を含む6人組。ライブでも毎回どんちき騒ぎのくそ楽しい演奏してくれるから最高なんだ。いつだったかのフジロックで観たお祭りはほんと忘れられない。けどなぜレッドマーキーだったのか!グリーンのクロージングで2万人一緒に大騒ぎするバンドだろう。コーチェラなんか映像越しに見てもすごかったよねー。

 
なんか解散するとか言って気がするんですが普通に新作出してきて最高にときめくのでまたライブ見たいな次は単独で!
 
The Go! Team
2015-03-23