I'm Swayin' in the Air

生きてて楽しい

第41回ニューイヤーズワールドロックフェスティバルを実況更新してみた

画像1

「ロックンロールとはいったい何なのか?」を問いたくなる日が年に一度くる。それが「ニューイヤーズワールドロックフェスティバル」だ。

どうやら年末にやってるらしいこのイベント。なぜか放送は新年気分も少し薄れる成人の日あたりに別に毎年見たくもないのにフジテレビで流れててふと観てしまう。

40周年らしい。よくこんなこと40回もやり続ける執念がすごい。そして、常連だったジョー山中も安岡力也も死んでしまった。内田裕也だけがゾンビのように行き続けてることを痛感させられる番組だ。 ====

画像1

ビートたけし。内田裕也をネタにするだけではない友情出演感。

画像1

ファッ!?沢尻エリカ??仕事ないの?

東京


画像1

毎年必ず出て、毎年必ず「レモンティー」しか放送されないシーナアンドザロケッツ。人間ここまで酒焼けした声を出せるのかと関心する。

画像1

カイキゲッショクというバンドらしい。マリリンマンソンの出来損ないみたいなメイクでほっこりした。

画像1

常連の白竜。「vocal&guitar 白竜」という表記に草不可避。そして本格派で味わい深い。

画像1

楽屋を間違えたり何しゃべってるかわからない内田裕也。松葉杖ついててラストの天安門チャリで走るシーンできるのか心配になる佇まい。あれがないとニューイヤーズ迎えられないよ…。

画像1

アニマルズの「朝日のあたる家」のカバー。内田裕也歌うまいな。

画像1

タモさんww

画像1

土屋アンナは「あー、出てるのわかるわ」感すごい。なんというか声の低い女性枠みたいな。



もう眠くなってきた。どうすればいいんだ。もう少し頑張らねば。舞台はニューヨークに飛んだ。

ニューヨーク


画像1

聞いたことないバンドだ。

画像1

青いヒゲしっかり剃った方がいいのでは。

画像1


画像1

他力本願全開の歌詞。



画像1

Huntersというバンドらしい。知らない。

画像1

ルックス。人類に音楽があって良かった。

画像1

おおっ!曲かっこいい!ソニックユースみたいだ!気に入った。



画像1

teen。紹介文が香ばしい。心配になる。

画像1

おーほんとにサイケだ。良い。ボーカルは全然揺らいでないし。歌うまい。かっこいいなーこの子達。そしてCM。



画像1

お金だって無い!


タイペイ


画像1

あけおめ〜。

画像1

豚??

画像1

見た目だけでサウンドも想像できる感じが潔い。

画像1

やはりハイスタ劣化版サウンドww



画像1

PV出来良いバンド。

画像1

ギターのフレーズ確かにエモい。しかしいかんせんハコの音が弱過ぎてこういうパワー系バンドはつらそう。


画像1

レトロってなんや。

画像1

アジアンビューティ気取ってて悪くない。



画像1

さっきの豚だ!www

画像1

スリップノットの影響をいろんな意味で受け過ぎてる。

画像1

エキサイト翻訳丸出しの訳は反則。意味がわからな過ぎる。

画像1



画像1

爆竹をする子??

画像1

ダンスする霊媒師はあかん。

画像1

足高くして寝ると気持ちいいよね。

画像1

何か飲めよ。

画像1

お茶が飲みたいのか。

画像1

天気がよくて作物豊作www



台湾はすごい所だな。このバンド売れて欲しい。CMに。

画像1

宇崎さん目に生気無いけど大丈夫?

イギリス


画像1

Everything Everythingじゃねーかwwニューヨーク、ロンドンはわりと良いバンド出るのかな。そういえば去年もMr.Bigのベースの人出てたよね。

画像1

曲やはりかっこいいよ。売れてるんだね。


画像1

このバンドも良さそう。インタビューで「日本の由来ある番組に出られて光栄」とか言ってる。なんかごめん。



画像1
画像1

歌詞ww

しかしサウンドはやはり実力派ですわこれ。

再び東京へ


時間は3:20。さすがにつらくなってきた。時間の問題だけじゃないのはわかってる。

画像1

PANTA…。頭脳警察って全然知らないんだよなあ…。

画像1

ぬーん。

画像1

知らん。

画像1

時間的にだいぶ遅くて眠くなってしまい僕の心にはあまり響かなかった。

画像1

ゆずかな?

画像1

日本一のパブロックバンドありがとうございます。

画像1

どこのおばちゃんや!

画像1

と思ったら金子マリだった。歌うまい。息子のバンドはまだやってるのかな。RIZEだっけ。

ソウル


ある意味で一番ニューイヤーズワールドロックフェスティバルっぽさを具現化してくれると期待のソウルである。

画像1


画像1

くっそwいきなりクオリティ高い音出してきやがった。

画像1

ラモーンズ感はなさそう。

画像1

歌はいまいちだけど曲かっこいいよ。そして奥のギターやばそう。シルエットがJマスシスみたいだぞ大丈夫か。

画像1

マスシスmeets金正男。

画像1


画像1

セクシーぱいおつかいでーねーちゃん。


画像1

「soulでseoulに集まった」とダジャレかまされてるけどよく考えると意味がまったくわからない表現。

画像1

音は普通。もう疲れてきてコメントつらくなってきた。

画像1

イケメンシンガーソングライター。



ソウル、例年よりバンドのクオリティ高くなってきてる。

石巻


画像1

ん?

画像1

まさか…

画像1

まさかこのタイミングで…。

画像1

「内田裕也のチャリできた」今回はまさかの石巻サイクリングきたー!

画像1

内田裕也速くてブレた。


画像1

るんるん

画像1

スピードアップ。

画像1

このジジィ乗り乗りである。

画像1

後光。ちなみにBGMは何の脈絡もない「Here come the sun」。被災地とサイクリングとビートルズのこの曲の関連性を100文字以内で答えよ。


画像1

右足にスーパーの袋かぶせるロックンロールスター。謎感やばい。

画像1


画像1

リーゼントが崩れてふわふわになってるバンド。

再び東京へ…


この番組は毎年そうなのだが、深い時間に入っていくほど試されてる感じが否めなくなってくる。「もう寝ようかな…」「いや内田裕也がまた何か面白いことしてくれるから寝るのもったいない」などの葛藤と戦うことになってる。

画像1

ここでようやく氏神一番先生きたー!OEDOこねー!どういうセンスしてるんだ。OEDOが流れないニューイヤーズワールドロックフェスティバルなんて…。

画像1

そして何だかんだで今年もこの番組が終わった。いやーラストまで観るのはなかなかつらかった。ラストは当然内田裕也の「ロケンロール!」でフィニッシュ。ロックンロール最高だ!



というわけでやっと寝られるおやすみなさい…。