I'm Swayin' in the Air

生きてて楽しい

football,etc.来日で渋谷乙へ。極限までシンプルに削られた美しきサウンドを君もまた堪能すべきだ

   

バンド仲間のマークちゃんと一緒に、まさかの来日を果たしてくれたfootball,etc.初日を観に渋谷乙へ。
 
初めて観たfootball,etc.は、極限まで音をシンプルに削りまくり、その結果彼女たちにしか出せない音を構築していた。しかしそれは決して儚さとは無縁の骨太さすら感じるemoに仕上がってた。

====

 
場所は渋谷乙。まさに独特のアンダーグラウンドな雰囲気を持ったライブハウス。かなり多くの人が入っていた。
 
物販も充実している。ここの売り上げはfootball,etc.達のギャランティになるとのこと。レアなカセットテープやepも置いてあったので、明日以降ライブに行く人は早めに買ったほうがいいだろう。久々にカセットテープとか聴きたいなー。再生機器ないなー。
 
 
ま、まじなのか…!初見のユーリガガーン。カッコよすぎて耳の細胞がうにょんうにょん言ってる…。意味わかんないよねおれもわかんない!
 
もう俺の中では「shellacかユーリガガーンか」ってくらいのソリッド感溢れるリフにゾクゾクしっ放しであった。
 
終演後、友達からLINEで「グループイノウの人だよね」と言われておじさん驚愕。ま、まじすか…。知らなかったよ。まあ細かいことはどうでもいいんだけど、ユーリガガーンみたいな神リフ連発とエクスプロージョンを表現してくれるバンドは本当に貴重だ。これからもたくさん観に行こう。
 
blue friend(で合ってるよね?)。僕は詳しくは存じてなかったんだけどオールドスクール系のハードコアに影響受けてるのかな。後から会場に入ってきて、かつ初見の客もいるんだからバンド名をちゃんと名乗って欲しかった笑
 
 
SZKN。ちょっとこれはやばい。以前から結構好きで観てるんだけど、サポートギターの人が加入してからの音の厚みや細かいテクニカルな部分が完璧なサウンドになっていたのである。
 
ラストの、みんな大好きアンセム「step forward」で会場昇天。自分もバンドやってるけどこういうバンドになりたい。
 
そして遅い時間になりいよいよ大トリfootball,etc.の開演!びっくりしたけどドラムはセットすげー少ないし(1タムのみ?)、ギターもツインリバーブとわずかなエフェクターのみ。
 
 
ほとんどおれと同じだわ。さいこう。このシンプル極まりないセットから繰り出される単純な曲がなんで心を打つってやっぱりボーカルだ。
 
 
そう、恋だ。
 
 
君は女子の「声」から恋をしたことはないか?僕はある。あるというか、声が魅力的な女子はルックス関係なく、すべからく好きになりそうになって困る。
 
僕にとってのそれはrainer mariaやjejuneだった。音源から耳にダイレクトに届く、一切他人に媚びることのない声だからこそ恋心すら抱いてしまうエモーティブな歌を僕はライブでみる機会がなかったのだが、それらの系譜の直系と言えるのがfootball,etc.だ。本当に美しい声をしている。もう恋だよ!
 
 
 
 
書いていてキモ過ぎるというのはわかっているぞ。僕は名盤「Audible」と最新epしか予習してなかったんだけど、ほんと「Fair」の「時代始まってる感」すごいし、「Hut 1」なんか最高過ぎて泣きそうだよ。
 
 
 
終演後、みんなで飲もうぜ!みたいな感じでメンバーも交えて客と飲むあたりも最高なのである。さっきから散々「恋だよ」とか言ってたけどおれベースの子大好き。さっそく浮気である。タバコ片手に写真撮ってくれるいいやつなのである。
 
マークに「ベースの子かわいいよね?」って言ったら「う、うーん…おれのお母さんの若い頃にそっくりで全然かわいく見えない!」とかいうどうでもいい話で盛り上がった。いや盛り上がってない。
 
 
こんな感じ!エモ新世代football,etcの初来日(だよね?)をこの目で見る事ができて幸せだった!