I'm Swayin' in the Air

アメフト@フジロック最高だった

北岡悟丼を自分好みにアレンジしてタンパク質と野菜と炭水化物をバランスよく摂る

20代の頃は愛が欲しかった。30代の頃は金が欲しかった。40代のいま、僕は何が欲しいのか?何よりも健康が欲しい。

以前よりも確実に疲れやすくなっており「身体は衰える一方」という40代は多いだろう。僕もそんな凡人の一人である。

幸いブラジリアン柔術という趣味があるおかげで運動習慣はそれなりにある。ただ、仕事が忙しくてジムに行けず暴飲暴食を続けるとすぐに太ってしまう。確実に衰えているのだ。だから最近は食生活の改善にも着手し始めた。おれはまだ抗いたい。

cookpad.com


というわけで総合格闘技好きな人にはおなじみ「北岡悟」さん考案の有名な「北岡悟丼」をほぼ毎朝食べています。朝がっつり食べて、昼と夜の食事は控えめ。夜は運動をしっかりする。業務時間のQOLを上げつつ摂取カロリー、燃焼カロリーを調整することが目的だ。

「北岡悟丼」、名前はなんやねんそれって思う人も多いが、タンパク質と炭水化物と野菜をバランスよく摂取できる理想的な食事である。そしてうまい。あと準備と片付けがまじで楽。ズボラな人間にオススメである。

自分好みにアレンジしやすいのも良きである。僕は以下のようにしている。

本家は鶏胸肉を推奨してるが僕はささみの方が好き。あと大量のほうれん草はマスト。キムチは朝食べるには流石に気が引けるので青じそ入れてるけどこれ最高。納豆も入れます。

炊飯器は持ってないのでレトルト。タマゴは茹でるのめんどくさいので生卵でいきます。





お湯を沸かします。



ささみをぶちこみます。
先日鶏肉半ナマで食べたらカンピロバクター(胃腸炎みたいなの)に感染し死ぬかと思ったのでそれ以来ちゃんと茹でるようにしてます。なのでカットして入れてる。




続いてほうれん草投下。僕は2〜3束をザクザク切ってから投下します。あまり茹ですぎるとおいしくなくなる。



茹でている間、玄米ご飯をどんぶりに投下して納豆としその実を入れて準備。



茹で上がったささみとほうれん草、そして生卵を入れて醤油で味を整えて完成!本家では黒酢も入れてましたが黒酢あまり好きじゃないので僕は入れない。あと写真撮り忘れたが揉み海苔を入れた。

食生活を管理して痩せていく

9月にブラジリアン柔術のアジア選手権という大会に参加しようと思っている。ちょっと勝負に出ようと思っていて、普段は70kgまでのフェザー級にエントリーしているのだけど、今回は気合を入れてライトフェザー級(-64kg)に落としてのエントリーを考えている。本当に大丈夫なのだろうか。知らんけど。

いずれにせよこの3ヶ月は食事管理を徹底していく必要があるようだ。なにせ今から3ヶ月で6kg以上落とす必要がある。もちろん筋肉量を落とさずに脂肪を削ることがマストなのでこの夏はまじで熱いことになりそうだ。

人生は続いていく。