信じられない…僕が生きている間に、American Footballの新譜を聴けるときがやってくる。2016年10月21日、ついに僕たちはStay homeの続きを体感することができるらしい。このジャケット。ひたすら「家」にこだわる人たちだな。最高だぞ。



続きを読む


昔も今もこれからも、愛し続けるものがある。

僕にとってのone of themが、american football。アメリカから個人輸入していたヴァイナル盤をついに開封したぞ。あーーーーー最高に豪華だなこれ!!!僕たちエモキッズ(注アラフォー)にとって、思い入れのあるシーンが盛りだくさん。


続きを読む


世の中の犯罪のほとんどが不合理だ。

そして、この日の僕のように起きてすぐ「美味しいラーメンが食べたい…!」と思い立って喜多方まで向かってしまったことも、不合理だけど止められない衝動と言えるだろう。神様も許してくれるはず。

そう、僕は気づいたら福島県喜多方市の「ひさじ屋」というラーメン屋に居た。喜多方市といえばもちろん喜多方ラーメン。数多くの観光客がラーメンを食べにくるが、「ひさじ屋」はそんな観光客の舌に媚びない、地元民のための強烈な味を提供するcoolなラーメン屋だった。

続きを読む


松下幸之助は言った。「楽観よし悲観よし。悲観の中にも道があり、楽観の中にも道がある」と。

この写真を見てくれ。ホワイトステージの橋から撮影したものだ。なあ、君はこの悲観にも道があると思うかい?あるわけないだろ。

というわけで20周年のフジロックもいよいよ最終日!今年は本当に豪華なラインナップで、空き時間ほぼ無くずーっとライブ見てました。幸せ過ぎた!

だいぶ遅くなったけど最終日レポだよ。ちなみにこれで通算16回目のフジロックだけど史上最高でした。断言しちゃうぜ!
続きを読む


全然寝られない!やばい!

というわけでこんにちは2日目のロンリネスフジロックブログ更新。まったく寝られません!!!冒頭の写真は快晴のピラミッドガーデンね。ヨガやっちゃったよ寝られなくてw


「楽しすぎて寝られない」とかそーゆーのではないです。よく考えたら僕環境変わると寝るのすごく苦手なんですよね。ヨーロッパ旅行した時もまったく寝られませんでした。同じ感じです。ほんとやることないのでたまたまカバンに入ってた


フジロックと何も関係ないこの本読んで過ごしてます。ふらふらになってきたけど限界まで遊ぼう。今日は忙しいぜ!!
続きを読む


ところで。個人的な話だが、僕は38歳になってしまった。

ビル・ゲイツは、38歳の時初めて億万長者世界一になった。夏目漱石は38歳の時『吾輩は猫である』で文壇にデビューした。

世界の偉人たちは38歳でキャリアの集大成を形成する。一方僕は、38歳になっても何ひとつ世界に爪痕を残すことなく1人でフジロックに来て消耗してるんだ!もはや乾いた笑いしかおきない。

もはやこのぽっかりと開いた心のスキマ、ブログで埋めるしかない。というわけで皆様あけましておめでとうございます!今年もフジロックの季節がやってまいりました!今年も更新しまくるぜー!
続きを読む



フジロックといえばやはりご飯の充実ぶりがチートレベルで揃ってるところ。

毎年「気に入ったものを延々食べる」という偏食を発揮してましたが今年は一味違うぜおれよ。「いろんなものを食べてみる」「同じものは食べない」をポリシーにしてるので、一挙にまとめてみます。もちろんブログのアクセス数が欲しいからです。それではどうぞ!


続きを読む



大したことではない、極めて個人的な話なんだけど、1年半前に諸事情で退会していたブラジリアン柔術の道場に復帰した。

ドアを開けるまでは「知らない人ばかりだったらどうしよう…」「何しに帰ってきたの?って言われたらどうしよう…」と不安だった。でも開けた瞬間、顔馴染みだったみんなが見えて

「どしたの!復帰??嬉しいなー!」

と歓迎してくれたのである。復帰する人間にとって、こんなにも勇気付けられ、嬉しくなることはない。これこそがまさに「大人の部活」と呼ばれるブラジリアン柔術の良さだと思うよ。
続きを読む



このブログ、毎年フジロック直前の時期になるとアクセスが急増します。今年も見事にアクセス増えてまして、またアホな顔が全国に拡散されてると思うと胸が熱いです。

さてフジロックまであと2週間。わたくし今年も例外なく見事なまでに孤独フジロック感出てきたんですが、この20年間で初めてのキャンプサイトでテント泊に挑戦しようかと思ってます。より孤独感上げてくぜ!

というわけでフジロック用にテント買いました。NEMO/TANI LS2P ですー! 


フェス in キャンプ向けテント軽量クラスでは最強レベルのテントと確信しましたね。買って初日に怪しいキャンプ場(熊出そう)にいって孤独泊してきました。展開早すぎる。
続きを読む

このページのトップヘ