大企業を辞めて独立・起業もしくは中小ベンチャーに転職するなんてやめた方がいいという話

f:id:kocoronoblue:20211201172927j:plain
故郷では雪が降り、背を向け襟を立てる12月になりましたね。
僕は会社員を辞めて2021年7月に本格的に起業。
半年経ちました。
来年の12月にはお金持ちになれてるといいな。



さて。
ここ最近数人から

「今の会社辞めて起業しようかな」

「給料上がらないから誘われている中小(ベンチャー)に転職しようかと思ってるけどどう思う?」


という相談を受けました。
僕は明日の案件を受注しないとまじで死んでしまうので他人の相談を聞いている場合ではないんですが、一応いろんなことを経験している僕からの回答はひとことです。



「悪いことは言わないからやめとけ」



現場からは以上です




僕は20代の頃まともな仕事に就けずに
ほとんどの期間ずっとフリーターでした。

たまたま29歳のときに未経験で入社した
Web系の会社でどうにか試用期間を乗り越え
この仕事向いてるかも、と思ったのです。

その後livedoorという会社に転職。
僕が入社して半年後にlivedoorはNHN Japanという会社に買収されました。

気づくとLINEというアプリが誕生して、気づくと社名がLINE株式会社に変わってて、気づくと上場してました。



いろいろあってLINE社を退職し、
新しいことをやりたくて中小企業に入社したけど
そこでもいろいろあって結果的に辞めました。
もうどうにも食っていくことができなくなりつつなり背水の陣、退路を完全に断って「mogily」というサービスをエンジニアに開発してもらい今はひたすら導入先に提案しているところです。



そんなわけで一通り経験してきたわけですが、
どう考えてもLINE社の福利厚生や保健の内容、労働条件などはぶっちぎりで良かったと思います。
もちろん中小企業やベンチャーでも社員のために
色々頑張っているところはあると思いますが
やっぱり全然違いますよね。



ましてや大企業やめて「自分で起業する」なんてどう考えても狂っています。

福利厚生はゼロ、今まで会社が負担してくれていた保険も年金も全部自分で払う、営業も総務も面接もオペレーションもPL管理も事業計画も経費精算も全部自分でやる、サービスを作ったら商標登録のお金だけでも20万円近くする、顧問税理士や顧問弁護士にも毎月お金をお支払いしますし(いつもお世話になっています本当にありがとうございます)、新規営業かけても90%以上の会社からはお断りだし、数回商談までこぎつけられたのにいきなり無視されたりします。事業がうまくいくようになった瞬間に、大企業が全力で自分の事業ドメインを潰しにきたらどうすればいい?最初は貯金なんかまずできない。人間はまじで「息をしているだけで口座からお金が減っていく」生き物です。明日にでも突発的な支払いが発生して資金が底を尽くんじゃないか?家族も巻き込んで露頭に迷ったらどうすればいい?と毎日恐ろしくなります。



そんな経験、したいですか?



もちろん僕だってしたかったわけじゃないです。
ただ、明らかに社会不適合者だったんかなー。
会社員としてはうまく振る舞えず、致し方なく起業するしかなかったという感じです。
普通大人になったらうまく折り合いつけられるようになるかと思っていたんですがね笑



おそらく「起業する」なんていう選択肢を取る人で
キラキラした経緯で順風満帆で「調達●億円!」
みたいなスタートできる人なんて
ほんの一握りだと思います。

ほとんどが社会不適合者とかADHDとか
そんな人ばっかりなんじゃないですかね。
実際に泥臭い営業するしかないんですよ。
それもうまくいく人なんてごくわずかはなず。



ただ、もしかしたら手掛けてる事業がホームランになって一発逆転できるかもしれない。
そこに全betしていくしかないんです。
僕は今持っている力の100%を完全に事業にbetしていますが、それでもうまくいくかどうかわからないです。



だから、安易な気持ちで大企業からの転職とか
起業なんて絶対にしないほうがいいと思います。
一部の会社を除いて辞めたら出戻りなんて普通できないですし、出戻り歓迎されるような人はもともとの組織でうまくやれてる人ですからね。
そんな色々を覚悟できるのであれば起業も転職も良いと思うんですが、しなくていいならしない方がいいんじゃないかと思います。

クライアントが今向き合ってくれているのはあなたが大企業にいるからです。
大企業を辞めたらそもそもあなたはただの「人」ですからね。
相手にしてもらえなくなりますよ。
これは本当にそう。
クライアントの皆さんも忙しいですからただの「人」にかまってられないはずです。


今僕には数社クライアントがいます。
「LINE時代に知り合った人なんだろ?」
って多くの方に思われてるっぽいんですが
ほぼすべて新規開拓のお客さまです。
もちろん紹介などしていただけることもありますが、基本的には大企業時代の看板を降ろして自分で新規開拓していかないと継続的な経営はできないと思います。



僕が言いたかったのは、本当に覚悟がなければ冷静な選択した方がいいと思うけど、それでもやらなきゃいけない理由があるなら人生全bet状態になりますよ、ということです。
そんなわけで今日も明日も営業してきます。
弊社のサービスを使ってくださる皆様本当にありがとうございます。
今年も来年もぜひよろしくお願いします。